固定資産と減価償却資産、棚卸資産の違い

固定資産と減価償却資産、棚卸資産の違い?
いくら調べてもわかりません。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2004-07-26 20:41:13

QNo.940452

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず固定資産と減価償却資産ですが、1年超の期間にわたって会社の事業のために使われる資産で、この中には有形のものと無形のものがあり、さらにそれぞれが減価償却するものとしないものに分けられ、固定資産のうち減価償却できるものが減価償却資産です。
有形固定資産は土地、建物など文字通り物体として形のあるもので、無形はソフトウエアなどのそれ自体は形として見えないものです。

有形の中で減価償却できないものの代表は土地で、できるものは建物や機械・装置などです。
無形では、ソフトウエアは減価償却できる代表的なもので、できないものでは電話加入権があります。
減価償却できないものというのは、理論上価値が減少しないとされているものですが、バブル崩壊後の実際では市場価値が減少しないとは限らないので、必ずしも理論どおりではありません。
できるもの、できないものの具体的な区分は税法の規定に拠るところがほとんどですので、規定で確認されるといいでしょう。

棚卸資産は固定資産とは根本的に異なるもので、例えばメーカーですと製品を製造するための部品や材料など製品を完成させるために消費される物品で、販売会社ですと、販売するために仕入れた商品がそれにあたります。通常1年以内には消費されるはずですから、そういう意味でも固定資産とは基本的に異なるものです。

投稿日時 - 2004-07-27 09:50:07

お礼

皆さんのおかげでよく分かりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-07-28 11:00:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(5件中 1~5件目)

ANo.5

◆まず、企業の貸借対照表の資産は下記の3つに分類できます。

1.流動資産
2.固定資産
3.繰延資産

1.流動資産
・企業が販売目的で保有する資産や1年以内に回収を予定している資産をいいます。
・棚卸資産は、この「流動資産」に該当します。
具体的には、通常の営業過程で販売目的で保有する「製品・商品」、通常の営業過程で販売するための製造過程にある「仕掛品」、生産において消費される材料や貯蔵品等の「原材料」が含まれます。

2.固定資産
企業が長期間使用する目的で保有する資産で流動資産・繰延資産以外の資産をいいます。
更に固定資産は、「有形固定資産」、「無形固定資産」、「投資その他の資産」に分類されます。

下記URLで「資産」のことろからクリックして検索していくと、資産の分類ごこに分かりやすい説明があります。

http://www.nomura.co.jp/terms/ta-gyo/bs.html

◆減価償却資産

減価償却資産とは、「棚卸資産」・「有価証券」・「繰延資産」以外の資産で一定の資産をいいます。
減価償却の概要や資産の範囲については、下記をご覧ください。

http://www.rakucyaku.com/Koujien/M/E04/E400100

投稿日時 - 2004-07-26 22:17:03

お礼

皆さんのおかげでよく分かりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-07-28 11:01:02

ANo.4

減価償却は、購入した物質が劣化していくものに対して行います。例えば、車、建物、備品。
固定資産は、購入して劣化しないもの。土地とか。
棚卸資産は、仕入繰越するものにたいして実価値を出したもの。
商社の場合、商品を仕入→売上しますね。仕入した商品がまだ売れずに残って、決算日を過ぎる商品。
100ケ仕入、70ケ売った場合30こ残ります。決算日30ケ残ったら、それが繰越資産になります。それを棚卸した場合、28ケ残りで、商品価値が下がっていた場合、棚卸評価損・棚卸欠損とかの勘定科目を使います。
その残った30ケの仕入金額は仕入の勘定科目から差し引き、繰越勘定に入れてください。
なお、備品は、購入金額が10万円未満は消耗品費として費用計上できますが、それ以上だと備品計上となり、減価償却対象となります。今、10万が基準かわかりませんが。
ご参考までに。

投稿日時 - 2004-07-26 21:28:56

お礼

皆さんのおかげでよく分かりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-07-28 11:01:18

ANo.3

すみません、再び#2の者です。

2番目の紹介サイトのURLが途中で切れていましたので、もう1回掲げておきます。

参考URL:http://www.milmal.com/milmal.in/houjinzei/koteisisan/kotei1-syutoku.htm

投稿日時 - 2004-07-26 21:28:37

ANo.2

詳しくは、下記サイトを見て頂くとして、簡単に言えば、棚卸資産は基本的には売上の元となる商品や材料等の資産で、固定資産とは複数年にわたって使用される資産で、固定資産の中に減価償却資産が含まれます。

具体的に、どの辺がわかりにくいが書き込んで頂ければ、回答もつきやすいかと思います。

参考URL:http://www.milmal.com/milmal.in/houjinzei/tanaorosi/tanaorosi1.htm,http://www.milmal.com/milmal.in/houjinzei/koteisisan/

投稿日時 - 2004-07-26 21:26:53

お礼

皆さんのおかげでよく分かりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-07-28 11:01:38

ANo.1

確か、
棚卸資産・・・販売目的で保有する、あるいは短期間で消費する資産。商品や原材料、消耗品など。
固定資産・・・長期にわたって保有する資産。土地、建物、備品など。

と昔習ったと記憶しております。

投稿日時 - 2004-07-26 20:49:48

お礼

皆さんのおかげでよく分かりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-07-28 11:01:59

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報