現場代理人=現場監督

と考えてよろしいでしょうか?

投稿日時 - 2004-05-07 14:34:47

QNo.850955

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

現場代理人と現場監督は異なります。
業種や体制により異なりますが、現場代理人は元請の会社で、その現場を管理する最高責任者(事業所なら所長、○○支店なら支社長等)が現場代理人になります。現場代理人は管理する現場が多く、部下もいるため、現場管理から考えると名目になりますが、法的責任は大きいです。現場監督は、その現場代理人の部下が行なうことが多いでしょう。現場を把握し管理するのがこの現場監督です。名目上現場での責任者となります。元請が対応しきれない場合に、その工事を請負った業者が工事監督を行なうことがあると思いますが施工中の管理がいい加減になるでしょう。

投稿日時 - 2004-05-07 16:39:37

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(3件中 1~3件目)

ANo.4

 公共工事などでは,現場代理人と現場監督は異なります。
 現場代理人は,請負会社の社長や支社長です。
 現場監督は,請負会社から派遣された社員です。
 
 No.3の方がおっしゃるとおり,小規模の建設業者ですと,現場代理人(社長)が現場監督をしていることがあります。

投稿日時 - 2004-05-10 20:04:32

ANo.3

小規模建設業の場合は、そういう事が往々にして有ります。

参考URL:http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/doboku/kanri/osirase/genbadairib.html

投稿日時 - 2004-05-07 17:15:51

ANo.1

業界によっても違いますが、道路工事や鉄道とか、家作りとか…
一般的に、現場代理人は元請け会社の社員で、立ち会いはしますが細かい事には口は出しません。
安全管理と手抜き工事の防止だけですね、命令権を発動するのは。
現場監督は、現場の指揮者です。
下請けの社長とか幹部社員、親方が現場監督になります。

投稿日時 - 2004-05-07 15:26:01

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報