自己PRと学生生活で最も打ち込んだことが同じ

僕はクリエイティブな会社に就職したいので、
 自己PRに小学生から創作活動を続けていることと、賞をもらったことがあること、高校生活で生徒会や部活の部長などを経験したことを書きました。


 次に学生時代に最も打ち込んだことですが、それも「創作活動」や「委員会活動」なのですが、どういうところで差別化を図ればいいでしょうか。
 
 たとえば創作活動一つについてより詳しく書くという感じでもいいのですか?
 
 

投稿日時 - 2013-12-24 17:00:52

QNo.8399285

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず、ある年齢以上で自分のことを「僕」という表現をしている段階で頭の程度を疑われると思われます。
正式の場では自分のことは「私」と表現すべきだと思います。

なので、履歴書に「僕」という表現があれば、その後はどんな内容を書いてあっても、その履歴書はゴミ箱行きだと思われます。
つまり、不採用になります。

そもそも、ご質問者様は大学生なんでしょうか。
大学生なら、大学生活を書くべきだと思います。

投稿日時 - 2013-12-24 18:10:10

お礼

履歴書にはちゃんと私と書いています。
大学自体では授業受ける以外では特に何もしていません。

投稿日時 - 2013-12-24 18:47:03

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(0)

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報