裁判書へ提出される確定書類について

現在医療過誤裁判を起こしております。
裁判所へ提出される訴状、準備書面、証拠などの確定書類につきまして、一般的に原告代理人は、確定書類の副本を、原告には送付しないものなのでしょうか?

私は、私自身の裁判ですので、事の成り行きを重大な関心をもって追わせていただいており、当初は当然送っていただけるものと思っておりましたが、裁判が始まってから訴状すら送っていただけないという時期が3ヶ月続いたことも御座いましたので、それ以降は、毎回期日を終えたり、なんらかの提出書類を提出しました、と原告代理人から連絡がある度に、確定書類を送っていただけるようにお願いの連絡をさせて頂いております。

しかし、毎回そのようなお願いをするのも正直気がひけます。原告代理人も、「送ったかもしれませんが、念の為に送ります」と、一度も送って頂いていないことは確かなのですが、そういうコメントをしてきたりします。

原告代理人と、原告との間での確定書類のやり取りに関して、
一般的にはどうなのか、と疑問に思った次第で御座います。

よろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2013-06-15 15:02:20

QNo.8135074

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>、毎回そのようなお願いをするのも正直気がひけます>
>原告代理人と、原告との間での確定書類のやり取りに関して、
>一般的にはどうなのか、と疑問に思った次第で御座います。

私には、なぜ、あなたが、弁護士に対してそこまで卑屈にならなければならないのか、理解できません。

弁護士にとって貴方はクライアント=顧客のはずですよね。

貴方は、弁護士に「裁判所に提出したときは、直ちにら、その書類のコピーを全て、こちらに送れ(もし、それを怠るなら、弁護士との委任契約を契約違反で解約する)」と命令・通告すればよいだけです。

弁護士との委任契約には、裁判所に提出した書類のコピーを送るとは書いてないかもしれません。
しかし、そんなことは、社会通念として、当然のことです。
報酬を受け取っているのだから、こういう仕事をしました、といって、書類のコピーを顧客に送るのは、弁護士であろうが、設計士であろうが、税理士であろあうが、常識です。

もしそしいう常識が通じない弁護士なら、委任契約書を訂正してもらい、「裁判所に提出した書類のコピーを送る」という条項をいれてもらいましょう。もちろん、それによる費用の追加などは論外です。

顧客の思うように働いてくれなければ、その弁護士を解任して、他の弁護士にすればよいだけです。

「依頼した弁護士が、裁判所に提出した書類のコピーを送ってくれないが、どうしたらよいか」を弁護士会に相談したら、弁護士会は、「それはまずいですね。」というと思います。

投稿日時 - 2013-06-16 11:18:32

お礼

貴重なご意見を賜りまことに有難うございました。
私自身も書類のコピーを送っていただく事は当然と思っておりましたので、代理人に何度も何度もそのことをお願いすることがストレスになっておりましたが、ご回答者様のコメントを読ませて頂き、やっぱり常識のことなんだな、と気分が楽になりました。有難うございました。

投稿日時 - 2013-06-30 11:55:51

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(1件中 1~1件目)

ANo.1

 確定書類とは、訴状や答弁書、準備書面など裁判所提出(相手方送付)書類のことですよね?

 一般論でいえば、依頼者にコピーを渡すことは通常しないと思います。

 しかし、依頼者から裁判所提出(相手方送付)書類のコピーが欲しいと言われれば、拒むこともないでしょう。

 弁護士の作成した書類は専門家としての知識を前提として作成されていますから、極論を言えば、これを正確に理解するためには弁護士同様の知識が必要になります。

 そのため、裁判所提出(相手方送付)書類のコピーを渡すより、事件のポイントについて弁護士が口頭で説明した方が依頼人には理解しやすいことが多いです。

 質問者さんが依頼した弁護士さんはコピーを送付してくれていますから、もうちょっと御願いして、書類の全部を送付してくれるよう御願いすれば良いでしょう。

投稿日時 - 2013-06-15 15:45:03

お礼

貴重なご意見を賜りまことに有難うございました。
そのような見方もあるのですね。
確かに私は法律に関しては素人ですので、そのあたりはポイントが分かりません。事実関係だけの確認になりますが、書類はすべて送ってもらうようにお願いしてみようと思います。有難うございました。

投稿日時 - 2013-06-30 12:03:56

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報