体重減少のため生理が長い間とまり、医者に行きホルモン剤をもらい薬で生理を起こさせています。9か月がたち、骨密度を測定したところ、ほぼ一定の68%でした。医者は、ホルモン剤を飲み始めると、上昇具合は人それぞれだが、たいていの人は上昇すると言っていたので、一定というのはちょっとショックでした。しかし、医者は、減少していないのでよしとしましょうということで今後カルシウムの多い食品をとるように心掛けてくださいということでした。そのため、特に薬は処方されませんでした。どんなことに注意して過ごせばいいのでしょうか?

また、まだ自力では生理が起こせないので、ホルモン剤を飲んでいく予定ですが、今後骨密度が上昇する可能性はあるのでしょうか?

親に話したら、結婚したいなんて言っている場合じゃない!結婚考えるなんておかしいとい怒られました。結婚してはいけないのでしょうか?結婚は親が言うように、世間一般で考えて無理なのでしょうか?

投稿日時 - 2011-03-24 22:20:03

QNo.6618206

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>どんなことに注意して過ごせばいいのでしょうか?

骨の絶対量とは、女子でおおよそ16歳くらいまでに決まってしまいます。絶対量とはバケツの大きさです。言うまでも無くバケツが大きければ大きいほど、骨が強くなる可能性が高くなります。バケツの大きさが決まれば、後はその中での上下です。バケツいっぱいなら一番強度があり、少なくなればなるほど強度が下がります。と言うことは、思春期までに骨人生が決まると言っても過言ではありません。

骨強度の関係するファクターは研究によれば、上記にお話した年齢のほか、栄養素、運動などです。栄養素で言えば、カルシウム、カリウム、リン、ビタミンD・K・C、マグネシウム、フッ素、亜鉛などです。しかし、これはあくまでも可能性が高いもので、更なる研究が必要なものもあります。ですから実際は、バランスの良い食事、朝食は抜かない、無理なダイエットはしないなど規則正しい生活が求められます。

運動も、様々な競技で考察された研究があります。その研究によりますと、ジャンプの多い競技が非常に有効のようです。具体的にはバスケット、バレーボールなどです。意外ですが、登山はあまり優位性が無かったようです。


>ほぼ一定の68%でした。医者は、ホルモン剤を飲み始めると、上昇具合は人それぞれだが、たいていの人は上昇すると言っていたので、一定というのはちょっとショックでした。

どのような方法で調べましたか?手足で測るものや、超音波ではかるものは正確とは言いがたいです。整形外科でエックス線を使って調べるものが正確でしょう。単純X線やDXAという方法です。


>結婚してはいけないのでしょうか?結婚は親が言うように、世間一般で考えて無理なのでしょうか?

骨密度や生理の話しでですか?よく分かりませんが反対する理由が他にあるような気がしますが・・・。質問文によれば摂食障害(拒食症)などもあるのでしょうか?もし他に思い当たる節があるようなら、別に質問を立ててみてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2011-03-24 23:05:05

補足

たしかに、拒食症でもありますが、拒食症だと、やはり結婚なんて考えるべきではないのでしょうか?親からは、祝福されないかもしれません。親は、両性の合意があればいいとは言うが、人から祝福されない結婚なんて許さない!と言っています。
やはり、私は幸せを望むべきでなく、病気と1人で闘い続けるべきなのでしょうかね?

投稿日時 - 2011-03-25 20:55:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(0)

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報

PR

PR

おすすめ特集

あなたの疑問にお答えします!
あなたの疑問にお答えします!

産経新聞社会部が、あなたの身の回りで起きている問題や疑問を徹底調査した上でご報告します。