幸福の王子 最終回

最初の10分ほどはみましたが その後みることができませんでした。いま 公式サイトであらすじを調べましたが
 まだ 完全なあらすじは のっていませんでした。

 いくつかの謎の部分をおしえてください
 
 ひとごろしとかいてあったメモの意味は?
 海の衝撃の死因って?
 予告では、周平は頭にピストルをあてていましたが
 どうなったのですか?
 繭はどうなったの?
 
 誰か幸福になれたのでしょうか?
 

投稿日時 - 2003-09-11 00:59:24

QNo.652032

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>ひとごろしとかいてあったメモの意味は?
実は井森美幸と周平は小学校の同級生。学校を休んだ周平君の様子をこっそり見に行った幼き日の井森が、ちょうど真君を殺すところを目撃。で、周平のノートに「ひとごろし」と書いた。
でも、ホントは真君は周平が殺したのではなく、あの後、息を吹き返したそうです。それから乳幼児突然死症候群で亡くなったとか。

>海の衝撃の死因って?
記憶がなくなって、暴言を吐いてしまう彼女は、やっと出会えた周平と少しだけ会話をしました。そして、次に目覚めたときには、自分の記憶から周平が消えるかもしれないという思いに駆られ、周平に「私が眠ったら殺して。目が覚める前に…」と依頼。周平は枕を押し当てて、海を殺します。

>予告では、周平は頭にピストルをあてていましたがどうなったのですか?
海に会えず絶望して自殺を思い立ったのですが、渡部篤郎に止められます。そして、海の病院を教えて貰うのです。

>繭はどうなったの?
周平は結局、病院のベットで自殺を図ります。その彼の心臓を移植されます。
手術中、一瞬死にかけますが、海と周平に出会います。そこで2人と話をし、自分が彼らが付き合うきっかけであったと知らされます。(花束と風船をもって「あのお兄ちゃん、お姉ちゃんのことが超好きだって」と言う子)。その後、無事に退院した繭は、好きな男の子に告白したりしていました。

>誰か幸福になれたのでしょうか?
一見すると、繭でしょうか。

投稿日時 - 2003-09-11 01:25:49

お礼

早々にありがとうございました。
すっきりしました。井森があれをかいたのか・・
(余計なことして、もっくんを傷つけたなあ。演技下手だったし)
 

投稿日時 - 2003-09-11 01:40:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(2件中 1~2件目)

ANo.3

「ひとごろし」のメモ
井森美幸ともっくんは、小学校の同級生だったんです。
もっくんが弟を殺してしまう時、井森が見ていました。
もっくんが、学校を休んでいたので、もっくんを好きだった井森は、様子を見に行ったところ、その現場を目撃してしまったと・・・
その後、相手にして欲しくて、ノートに例の言葉を書いた、ということらしい。
ついでに言うと、実はもっくんは殺していなかった。弟の死因は、乳幼児突然死だったそうです。

「海」の死因
海は症状が悪化していて、いきなり暴言を吐いたりするんだけど、それを後で覚えているのです。
それが辛くて、やっと再会できたもっくんに「殺して・・・」と、ささやいて、もっくんが、海の顔に枕を押し付けた。そして、海の体が、パタッて動かなくなった・・

「繭」
もっくんが、移植しました。
もっくんは、死んでなかったけど、渡部の最後の思いやりだったんでしょう・・・
ついでに、繭は、いつもの丘で昔、「お姉ちゃん、あのお兄ちゃんが好きだって」と、言っていた少女だったのでした。

周平がピストルを頭にあてていたところはみてませんでした。でも、渡部が止めてたようだった・・かな?

中途半端な回答でごめんなさい

投稿日時 - 2003-09-11 01:30:15

お礼

ありがとうございました。
主役の三人が演技派ぞろいだったので 楽しみにしていたのですが、最後まで 千里子と井森だけが マッチしていないのが気になりました。

投稿日時 - 2003-09-11 01:41:15

ANo.1

 あまり先走って教えてもつまらないでしょうから、一言だけ。
 繭が全ての人の幸福を引き継ぎます。
 あとは、明日の公式サイト更新を見てね。

投稿日時 - 2003-09-11 01:24:04

お礼

幸福の王子というタイトルから 最初からもっくんの
心臓が繭にいくな。。てことは みんなわかっていたことですが、やはりそうだったのですね。

投稿日時 - 2003-09-11 01:38:47

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報

PR

PR

おすすめ特集

あなたの疑問にお答えします!
あなたの疑問にお答えします!

産経新聞社会部が、あなたの身の回りで起きている問題や疑問を徹底調査した上でご報告します。