先天性白内障の術後(2才児)

前回もお世話になりましたが もう一度お願いします。
1才9ヶ月の娘が 両目の先天性白内障と診断されました。
これから 色々検査して 年明けには手術になる予定だと 医師にいわれています。

現実を受け入れて 手術することも受け入れれました。
ただ どうしても どうしても心配で仕方ない事があります。

セカンドオピニオンで伺った医師には 術後に 緑内障と網膜剥離になる可能性もあると いわれました。

それって いったいどれくらいの可能性なのでしょうか?

小さい我が子の水晶体も全摘出する事実も 私には 酷でした。
でも それで 治るならと思っています。

でも 術後 緑内障にかかったら また手術は可能なんですか?

今日 テレビで 先天性緑内障の人が 生後3ヶ月で手術をして 術後 片目の視力は失って 15年後にもう片目の視力も失って 全盲のなったという 落語家の話を視ました。

白内障で 失明する事はないと きいていましたが 緑内障になれば 失明する可能性もあるってことですか?

幼い頃の 先天性白内障の手術をされた方。
もしくは 今 同じように白内障のお子さんをお持ちの方。

どうぞ。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-11-16 14:31:45

QNo.6323310

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

回答(1件中 1~1件目)

ANo.1

わたしもそうですが、兄も先天性白内障でした。
兄は、生後まもなく白内障と診断され、水晶体の全摘出手術を受けました。
そのころ、まだ眼内レンズの安全性が確立されていたわけではなかったため、
レンズ挿入は行いませんでしたが、以来数十年以上、ほかの目の病気にかからず過ごしていますよ。
わたしも、昨年手術を行いましたが、後遺症も残らず過ごしています。

白内障の手術は年間80万件以上行われており、合併症として緑内障や網膜剥離もありますが、
術後の過ごし方に問題があったり、処方された薬をきちんと服用しなかったり、定期検査に行かなかったりと患者側の問題でなるケースがほとんどだと思います。
それを踏まえ、合併症になる確率は全体の1%前後に見られる程度で、
心配されるほどではないと思います。

ちなみに網膜剥離や緑内障は、手術の必要がある病気です。
網膜剥離は、目の中の、映画で言うところのスクリーンにあたる箇所(網膜)が剥がれてきて
映像が見られなくなる病気、
緑内障は、投影機(視神経)の故障で、映らなく病気。
ただ初期症状でなんらかの処置をすれば失明は免れられる病気です。
白内障の手術後は、術後処置として頻繁に手術を行った病院に検査に行きますし、これらの合併症の有無も調べていただけます。
万が一合併症が発見されても、早期の発見になるので、失明に至るケースは少ないでしょう。

医師が、白内障手術に至る必要があると判断されたのなら、
今後娘さんに視神経の成長に不利な条件があるからとも思えます。
(視神経の成長は3歳までと言われています。それまでに成長できない(強度白内障などでの視野不足など)と、以降、手術を行っても弱視になります)
納得が出来ない場合は、一つの病院にこだわらず、信頼の出来る病院を何件か伺ってみるといいですよ。
白内障は、老人がなるものだけではないですし、先天性、ステロイドの服用、目の打撲などでもかかる病気です。
周りで聞いてみると、意外に白内障にかかっている人は多いと思います。
あまり悩まず、親としてしっかり娘さんを見守ってあげてくださいね。
あなたが悩むと、娘さんも不安になり、それがストレスになり・・・と悪循環になっちゃいますよ。

投稿日時 - 2010-11-28 12:54:26

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報