ユーロは今後(5~10年後)上がっていくのでしょうか?

ユーロは今後(5~10年後)上がっていくのでしょうか?

現在1ユーロが約110円と、非常に安くなっている印象を受けています。
そこで、ここ5年~10年ぐらい使わないお金(数百万円)を、
ユーロとして外貨貯金するか否かで迷っています。

当方このような財テクや為替について全くの素人のため、
今後ユーロが上がっていくのか?はたまた更に安くなるのか?
それとも現在程度で推移していくのか全く見当がつきません。
(判断基準と言えば、過去の推移を見ての予測ぐらいです……)

【質問1】
今後、10年以内にユーロは上がっていくのか否か、
上がる(下がる)としたら、1ユーロあたりどれぐらいになるのか?

【質問2】
ユーロに変えるお勧めのタイミング(時期)をお教えてください。
(年末にはもっと下がるから、それまで待った方が良い等。)

【質問3】
ユーロより米ドルの方が安全でしょうか?
過去の質問では、85円ぐらいまで下がるという人もいました。
また、現在の状況も厳しく予想が立てにくいともありました。
それであれば、歴史のある米ドルの方が良いのでしょうか?
一番の希望(理想)は早く現在より2~3割ほど上がる方を選択して、
その上がった時点で日本円に戻し差益を得たいというものです。

今回、(ド素人的考えですが)米ドルが4割上がる(約125円)より、
ユーロが4割(155円)上がる方が可能性がありそうだな……、
つまりユーロの方が儲ける可能性が大きそうだなと思って、
このような質問をさせていただきましたが、
いかんせんド素人なので、イマイチ踏ん切りがつきません。
このような方面に明るい方がいらっしゃいましたら、
予測や個人的見解で構いませんので、ご教授ください。
以上どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-06-29 10:10:49

QNo.6003133

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 プロの為替トレーダーでも回答するのが難しい質問だと思います。

 ギリシャ問題という言葉を聞いたことがあると思いますが、経済界ではPIIGS(ポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペイン)という言葉が少し前まで使われており、最近ではSTUPID(スペイン、トルコ、英国、ポルトガル、イタリア、ドバイ)という言葉が使われています。いずれの国の経済情勢も芳しくないのです。ギリシャの次はどこか?という状況です。

 このためユーロやポンドは米ドルや円に対し急落してきました。とりあえず今は小康状態にあるようですが。

 質問1に対し

 全く予想がつきません。


 質問2に対し

 とりあえず1,2年はユーロ圏の様子を見るしかありません。この問題は長期化すると思います。状況によってはユーロ圏がら脱退する国も現れる可能性もあると思います。


 質問3に対し

 安全という意味ではユーロより世界の基軸通貨であるドルの方が安全でしょう。しかしドルが円に対し高くなるかは分りません。米国は建前では「強いドル」という言葉をだしますが、本音はドル安を望んでいると言われています。中国に対し人民元の切り上げを望むのも、その一例といえます。円高対策のため日本がドル売り介入するには水面下で米国の許可をもらう必要があるとも言われています。


 参考にならなかったかもしれませんが、今は外貨預金でユーロを買うのは危険です。
 

投稿日時 - 2010-06-29 16:08:03

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(1件中 1~1件目)

ANo.2

 No1です。間違えました。

 円高対策のためドル売り介入→ドル買い介入でした。

投稿日時 - 2010-06-29 16:18:04

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報

PR

PR

おすすめ特集

あなたの疑問にお答えします!
あなたの疑問にお答えします!

産経新聞社会部が、あなたの身の回りで起きている問題や疑問を徹底調査した上でご報告します。