角アルミパイプの接合 溶接以外の方法で一番良いのは?

角アルミパイプの接合 溶接以外の方法で一番良いのは?

PCケースを自作しようと考えている物です。
構成としては15mm角アルミパイプのみを使用して
画像のような形に仕上げたいと考えています。

そこで質問なのですが、
素人の為、溶接は出来ないので他の手段として
何か良い接合方法はないでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-06-14 22:52:55

QNo.5969114

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ロウ付けという方法もありますが、アルミでやるのはかなり難しいと思いま。
接着でも、せん断方向の力がかかったりして条件が厳しいですから、継ぎ手を使わないと成立しないと思います。15mm角パイプ用の継ぎ手は無いはずです。

一番現実的なのは、L字やT字などの補強金具を使いまくってリベットを打つ(ハンドリベッターで)事だと思います。
設計上は15mm角パイプがやりやすいのでしょうけど、部分的にL字材なども併用した方が造りやすい可能性はあると思います。

投稿日時 - 2010-06-14 23:25:20

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(1件中 1~1件目)

ANo.2

自分が作業をするとすれば・・・・

「アルミソルダー」を使います。
ロウ付けと似たようなものですが、もっと低い温度で作業が可能なので
ボンベ式のガスバーナーでも接合可能です。

ただ、作業温度が低いゆえのデメリットもあります。
それは、最初の1箇所を接合後、2箇所目を接合させるための予熱で
1箇所目が再度溶けて外れてしまうということがあります。

そのため、パイプの組み方をよく考えて、順序よく接合しないと収集がつかなくなります^^;
(こっちを接合しようとしたら、あっちが外れて・・・の繰り返し)

少しレベルは上がりますが、アルミ硬ロウとアルミソルダーを併用する方法もあります。

融点が、アルミ硬ロウ > アルミソルダー
なので、まず最初に接合する部分に硬ロウを使用し、次に接合する部分にソルダーを使います。
そうすれば、最初に接合した部分を溶かすことなく、次の部分を接合することが可能です。

どんな作業も、初挑戦で簡単にいくことはないので、じっくりとまず練習してくださいね。

参考URL:http://www.k-kentex.co.jp/YK-388.html

投稿日時 - 2010-08-01 15:07:55

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報

PR

PR

おすすめ特集

あなたの疑問にお答えします!
あなたの疑問にお答えします!

産経新聞社会部が、あなたの身の回りで起きている問題や疑問を徹底調査した上でご報告します。