畑の土を柔らかくしたいのですが,化学肥料で畑の土は柔らかくなりますか?やはり牛フンなどを使わないと柔らかくなりませんか?また,液肥ではどうなりますか?お願いします。

投稿日時 - 2009-11-09 16:19:51

QNo.5434125

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

おはようございます.

>『畑の土作り』
>畑の土を柔らかくしたいのですが,
>化学肥料で畑の土は柔らかくなりますか?
>やはり牛フンなどを使わないと柔らかくなりませんか?
>また,液肥ではどうなりますか?お願いします。

まず畑の硬化は腐葉土質の不足と,
培養土の酸度中和に使用する『石灰成分』の長期期間にわたる大量投与が,
雨水や散水等により『石灰の石膏化』が発生します.
これによる土壌硬化も原因とかんがえられています.
この事は,畑の透水性が悪くなるのも付随します.

それを極力押さえるために,
『有機質石灰(牡蠣殻など)』や『腐葉土』による,
土壌改良材の投与が重要な作業と考えられています.

ちなみに『石灰』『消石灰』は「有機質ではありません」

もちろん『牛糞堆肥』も有機質ではありますが,
肥料成分を含んでおりますから多量にすき込む事はできません
それを補うのが,肥料成分が少ない『腐葉土など』なのです.

つまり,牛糞堆肥の投与目的は『肥料』が主で,
牛糞成分が植物に吸収利用される物質形態になるためは,
混入された土壌中に棲む「微生物による分解」が必要です.
微生物が作り出した肥料成分が,
畑の土壌中に徐々に拡散して植物が利用できるのです.
この性質から植物の栽培期間を通じ利用できる肥料成分を,
いわゆる,牛糞堆肥などを『元肥』として利用しているのです.

反面,化学肥料は,植物がすぐ利用できる,
『無機物の窒素・燐酸・カリの三要素』の形態になっていますから,
投与すると直ちに根から吸収され,肥培効果が見られます.
ただし,少しでも投与量が多く濃度が高い場合は,
投与された栽培植物が『根焼け』し植物が枯死する可能性があります.

簡単に言うと,「無機物とは生物が関わらずにできた物質」の事で,
「有機物とは生物によってできた物質」の事です.

土壌改良を目的にする場合は『有機物である腐葉土』を用います.
農家が土壌改良剤として使用する場合は,
栽培植物の必要とする肥料成分としての堆肥量を計算し,
更に腐葉土などの有機物の混入により「ふかふかの土」にしています.
それに適時植物の状態から,不足する肥料成分を判断し,
見合った成分の化学肥料量を計算して投与しているのです.

化学肥料の特徴としては水に解けやすいので,
散水や降雨で速やかに培養土から流亡します.
土質にもよりますが通常「肥効はおよそ14日位」と考えます.
なお液体肥料の肥料成分の流亡はもっと早くなると考えられます.

【参照アドレス】:
下記の【質問】アドレスでの回答には,
私の園芸や畑の培養土に関連する経験上得た知識が含くまれています.
それらにはご質問に対する直接的または間接的な記述もあります.
ご質問者さまにも後日の参考となると思いますのでぜひ参照してください.

『粘土質の土壌改良』
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5376836.html

『来年のゴーヤ栽培のための土作り』
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5359445.html

『支柱同士の固定に便利な商品』
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5381722.html

『むくげの挿し木管理について』
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5374955.html


ご質問者さまのお役に立てばと,
仕事の合間を見つけ少しずつ記述を重ねました.
時間的に更に読み直す暇がありません.
重複や誤字脱字が含まれている可能性がありますが,
その場合は既知にてご判断くださり,
下手な文章をご理解いただき,誤りはご笑納ください.

この回答がご質問者さまの疑問解消の一助になれば幸いです.

投稿日時 - 2009-11-10 10:48:25

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-13 19:53:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

44人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(4件中 1~4件目)

ANo.4

出来れば有機系の肥料がいいですね。

あと、石灰も消石灰や苦土石灰もNGです。有機系の石灰(かき殻など)を使用してください。

投稿日時 - 2009-11-09 19:31:47

お礼

苦土石灰を使っていました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-13 19:56:17

ANo.3

家庭菜園規模の畑でしょうか?
化成肥料や液体肥料は土を固くするだけですよ。
先ず、鍬等で出来る限り深く掘り起こして下さい。
そして堆肥を使う事です。牛糞や鶏糞は有機肥料になりますが、土は柔らかくしません。
あくまでも、耕す事で土に空気を入れなくては駄目です。

投稿日時 - 2009-11-09 17:22:45

お礼

ありがとうございます。やってみます。

投稿日時 - 2009-11-13 19:57:10

ANo.2

枯葉を土の中へ埋めればいいと思います
林や森に木の葉が落ちています それらを集めて来て
埋めれば良い モミガラなんかも一緒埋めれば良い
モミガラは 土になるまで少し時間がかかりますが
木の葉は暑い時期なら 半年位で土に返ります
化学肥料は土を硬くする様に感じます

たまねぎを植える下には 木の葉は入れない事

草を刈って 乾いたらまとめておいて置いて うね作りの時に入れるのが良い

投稿日時 - 2009-11-09 16:44:30

お礼

庭にたくさん枯れ葉があるのでやってみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-13 19:58:17

ANo.1

土を軟らかくするには軟らかい土を使わないと改善できません。
肥料では基本的に軟らかくはなりません。
牛糞など有機肥料はそこに含まれる繊維質が多いですから一時的な軟らかさは出ます。
その意味で枯れ草、雑草、藁などを入れれば一時的な柔らかさを保てます。

投稿日時 - 2009-11-09 16:32:08

お礼

いちじてきですか、、、
ずっと柔らかくしたいんですけどどうすればいいのでしょうか。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-13 19:55:14

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報

PR

PR

おすすめ特集

あなたの疑問にお答えします!
あなたの疑問にお答えします!

産経新聞社会部が、あなたの身の回りで起きている問題や疑問を徹底調査した上でご報告します。