「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」

 日本語を勉強中の中国人です。「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」とこの四つの言葉の関係について、次のように思いますが、皆様はどう思われますか。

口語=話し言葉
文語=書き言葉

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-09-12 21:56:58

QNo.5284692

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>口語=話し言葉
>文語=書き言葉
というのは言葉本来の意味からは正しいのですが、

日本語の歴史の特殊事情により、実際には違う意味で理解されています。

結論から言えば、
口語=現代語
文語=古語
というのが普通の理解です。

「口語」はいわゆる「共通語(明治以降の東京方言をもとにしています)」としての「書き言葉=話し言葉」を指し、
「文語」は書き言葉としての古典語を指す呼称です。

江戸時代(19世紀)までの日本では、共通語としての「話し言葉」は成立していませんでした。
江戸時代までの日本は、統一国家というよりも、各地域をそれぞれ「殿様」が治めるゆるやかな集合体であったため、それぞれの地域の「お国言葉」が話されていたのです。
そのかわり「共通語」の役割を果たしていたのは専ら「書き言葉」として用いられていた「古典語=文語」でした。
日本では「書き言葉」としては共通語としての「文語」を用い、
「話し言葉」としては地方によって異なる「お国言葉」を用いていたのです。

現在でも「お国言葉」は「方言」として残っていますが、明治時代以降「共通語=口語」が国策によって成立したので、公的な場面の話し言葉はほぼ全国で統一が取れています。
中国の事情はよくわかりませんが、「北京語」が「共通語」となって、「広東語」などは「方言」という扱いになっているとすれば、そのような関係が成立したのです。
そして、「書き言葉」としても新しく成立した「共通語=口語」を採用する方針が定められたので、「文語」は一部を除いて姿を消しました。

そういうわけで、
現在は、「口語」=「現代語(話し言葉=書き言葉)」
「文語」=「古典語」ということになりました。

ところで、現代の日本において「書き言葉/話し言葉」の区別は、
「常体/敬体」の区別と考えられることが多いようです。

すなわち、「書き言葉」は、「だ・である体」で、
「話し言葉」は、「です・ます体」を指すことが普通になっているようです。
もちろん、「だ・である体」の文章も「です・ます体」の文章も、両方が存在するので、外国人の方には非常にわかりにくいことと思います。
お気の毒です。

投稿日時 - 2009-09-12 23:45:02

お礼

 ご親切に回答していただきありがとうございます。大変参考になりました。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2009-09-15 11:04:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

21人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(2件中 1~2件目)

ANo.3

1mizuumiさん、ご飯食べましたか?

国語の試験・日本語検定の回答では、
口語=話し言葉
文語=書き言葉
と書くのが正解です。

「話し言葉」、「書き言葉」は小学校で使う言葉・表現です。
子供向けの「口語」=「話し言葉」、
子供向けの「文語」=「書き言葉」と覚えました。


平安~江戸時代の幕末に使われた言葉は文語だけで、
「口語」という表現・分類は有りませんでした。
つまり文語が標準語でした。
(しかし、方言としての「口語」は有りました。)

明治以降に政府による「学校」が作られ、
北海道~沖縄までの日本中の言葉を統一するために、
文章で多用された「文語」を標準語とし、
方言(話し言葉)を「口語」と呼ぶようになりました。

(一般的には、東京方言を「口語」と言います。
中国の普通話と北京語の関係に似ていますね。)

現在使われている標準語は、
文語と口語を第2次大戦後に統一・精査し、
新しい「標準語」として制定したものです。
従って、現在の標準語には、口語・文語の分類は無いです。

日本語文学の中での「口語・文語」の区別は、
明治~第2次大戦終戦以前の期間の日本語を指します。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E8%AA%9E 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E8%AA%9E 
-------------------------------------------------------------

が、しかし、現実には2番さんの解答のように、
慣習としての「口語・文語」は現在も使われています。

日本語も時代と共に変化しています。

現在、**日常会話の中で使われる「書き言葉・話し言葉」**は、
別の意味も持っています。

ちょっと理解しにくいですが、
一般的には下記のように区別して使われる**場合も有ります。**
口語 = 一般的に「~です・~ます」を使う と思われている。
     主に明治~昭和に使われた東京弁を指す。
文語 = 一般的に「~だ・~である」を使う と思われている。
     主に明治~昭和に使われた標準語を指す。
現代的「書き言葉」=現代的「文語」
 上司や客との対話や、書類、契約書、公共機関の知らせ、
  ニュース・新聞などに使う丁寧な現代公用語。
   文語形態で使うが、大部分で(~です・~ます)を使用します。

現代的「話し言葉」=現代的「口語」
 親、兄弟や友達との会話に使う現代日常会話語  
  口語形態で使うが、友達との会話では(~です・~ます)は使わない。
  (~よ。~だよ。~だよね。~って。~ね。)などが多く使われます。

例 
デートの後のメール
現代的書き言葉→「今日はとても楽しかったです。また、誘って頂ければ幸せです。」
現代的話し言葉→「今日はとても楽しかったね。また、誘ってくれたら嬉しいな。」

感謝状
正式な文語→「この度は色々とご配慮頂き、真に有難う御座いました。」
現代的書き言葉→「今回はとてもお世話になりました。本当に感謝しています。」
現代的話し言葉→「いやー、ありがとねー。ほんま、感謝してるわ。」(関西弁)

----------------------------------------------------------------

*普通体(常体)および 丁寧体(敬体)の区別*
常体-原形・基本形の文章で、文末に「~だ・~である」を使う。
一般的に「~だ・~である」は、自分に対して、また、目下・部下に対して使います。 

敬体-文末に「~です・~ます」を使う丁寧な言葉。
一般的に「~です・~ます」は、目上・上司、一般人に対して使い、敬語を含みます。

本来、「常体/敬体」は「口語/文語」とは無関係なのですが、
夏目漱石などの近代小説で「常体」が多用されたために、
常体を使う文章=「文語」と思われるようになりました。
(誤認・混同された)
http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/keig/c01c07.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%AC%E4%BD%93#.E6.99.AE.E9.80.9A.E4.BD.93.E3.83.BB.E4.B8.81.E5.AF.A7.E4.BD.93

どうでしょうか?
なんとなく、ぼんやりと理解できたでしょうか?
ややこしいですね。説明が下手で御免なさい。 ( > _ < )

では、また。 改天見。

投稿日時 - 2009-09-14 17:46:08

お礼

 kentaulusさん、おはようございます。朝ごはんは食べました^^。ご丁寧に回答していただき誠にありがとうございます。関係が複雑で、難しいですね。大変参考になりました。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2009-09-15 11:09:34

古めかしい・難しいほうを先にして,数学的に書くと,

文語 < 書き言葉 < 口語 <= 話し言葉

じゃないでしょうか。文語は「古文」であり,いまは使われなくなったものと(ぼくは)認識しています。しかし,書き言葉の中に文語(的表現・語彙)がまじることはあります。

口語と話し言葉の区別は,ないともいえます。しかし,話し言葉が定義上どこまでもくだける(下卑てくる)可能性があるのに対し,口語は一定の品位はもつのではないかと,これもぼくの個人的な認識です。

実例をあげると:

「日本人だってこんな問題わからねえよ。」話し言葉,江戸弁
「日本人でんこげな問題わからんばい。」話し言葉,北部九州弁
「日本人だってこんな問題わかりません。」標準的な話し言葉

「日本人でもこんな問題はわかりません。」不特定多数の人前でもしゃべれる口語(文章としてはメールのような軽いものには書ける)

「日本人でもこのような問題はわからない。」書き言葉(正式な表現として論文にも書ける)

「日本人といえどもこのような問題はわからない。」文語(=いえど
も)混じりの書き言葉

「日本人といへどもかやうな問題に答ふることかなはず。」文語(旧かなづかい)

投稿日時 - 2009-09-12 22:18:42

お礼

 早速のご回答ありがとうございます。大変参考になりました。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2009-09-15 11:02:13

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報

PR

PR

おすすめ特集

あなたの疑問にお答えします!
あなたの疑問にお答えします!

産経新聞社会部が、あなたの身の回りで起きている問題や疑問を徹底調査した上でご報告します。