Safariが起動できない

Safariを起動させようとすると「アプリケーション“PubSub Agent”は予期しない理由で終了しました。」とのメッセージが頻繁に出てきて起動できません。
Mailも同様でした。
調べると「環境設定のRSSリーダー」の設定などが原因かと思いMailのほうは「手動」に変更する事ができました。
Safariのほうは「環境設定」を操作する事もできない状態になっています。

Safariを今まで通り起動させたいのです。

OSのヴァージョンは10.5.8です。
Safariは今朝ヴァージョンアップしました。

今この質問はFirefoxでしています。
こちらは問題なさそうです。

アドバイスよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-08-15 11:46:54

QNo.5208787

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

回答(2件中 1~2件目)

ANo.2

アップルからダウンロードし直してみては?それで解決する方法もありますよ。

投稿日時 - 2009-08-16 03:46:14

お礼

toyo0219さん、
アドバイスありがとうございました。

結局何度も何度もSafariを起動させて「アプリケーション“PubSub Agent”は予期しない理由で終了しました。」というメッセージが出ても「無視」を押し続けていると「環境設定」を操作できるようになりました。(時間にして30分以上)
ちなみにゴミ箱はなんらかのデータのファイルがあふれていました。
隙間をねらうようにして環境設定の中のRSSのアップデートの確認を「しない」に設定しました。
その後は無事にSafariは問題なく起動できています。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-08-16 19:26:37

ANo.1

まずはディスクユーティリティでディスクのテストと
起動ディスクからアクセス権の検証・修復を試してみてください
話はそれから

投稿日時 - 2009-08-15 17:28:16

補足

icerubさん、
アドバイスありがとうございます。

言われたようにディスクユーティリティにてディスクの検証をして、
起動ディスクからアクセス権の検証・修復をしました。
かなり色々な警告が出ていました(これは今回のバージョン以前からの記憶があります)。

結果はかわりませんでした。
同じような症状です。
10.5.7の時まではこのような症状は出ていませんでした。

投稿日時 - 2009-08-15 19:14:47

お礼

icerubさん、
結局何度も何度も「アプリケーション“PubSub Agent”は予期しない理由で終了しました。」というメッセージが出ても「無視」を押し続けていると「環境設定」を操作できるようになりました。(時間にして30分以上)
隙間をねらうようにして環境設定の中のRSSのアップデートの確認を「しない」に設定しました。
その後は無事にSafariは問題なく起動できています。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-08-16 19:24:56

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報