IEのバージョンダウン

OSがMEで、インターネットエクスプロ-ラーのVer6,0 SP1を入れているのですが、過去の質問等を見ていたらこれはXP用でMEには適さないとの指摘がありました。最近のOS不安定の要因とも考えて、以前の仕様に戻そうとアンインストールを実行してみました。
ところが、「以前の構成に戻す」を選択しても「正常に行われませんでした」なるメッセージが表示されてアンインストールできないのです。
直接IE5,5のインストーラーを起動させても「すでに最新なのでインストールできません」とか表示されてしまいます。
さらにIE6,0をアンインストールした後に(正常に終了してませんが)修復を実行しないとハードディスクCドライブのフォルダが一切表示されなくなり(フォルダ自体は存在してるようですが)、言語フォルダだけが消えてしまったのかWebを表示させたり、ヘルプを表示させようとすると日本語表示が訳の分からない記号に文字化けを起こしてしまいます(ツール~インターネットオプション~言語を選んでも真っ白でWebを表示させる際にはアプリケーション選択しなくてはいけませんでした。こんな事は初めてです)
IEを元に戻す方法はないのでしょうか?

投稿日時 - 2003-02-12 06:20:32

QNo.470632

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ちょっと、急ぎすぎたかな?
まず、次の点から

「最近のOS不安定の要因とも考えて・・・・」

確かにIE6はWindowsMediaPlayer8や9と同じで元々WindowsXP向けにカスタマイズされた物で、それをベースに他のバージョンに移植した物で他のバージョンでは使えない機能があったり不具合の原因になることがあります。(不具合についてWindows2000/NTは除く、9x)

ただし、その不具合の原因とは、明らかにIE6を入れた直後から正常にWindowsが起動しない、すぐにリソース不足に陥る(9xの場合)などの症状であり、このような劇的な変化がなければ、IE6が問題とは言い切れないのですよ。

ちなみに、この不具合の発生率ははこれまでのInternetExplorerのバージョンアップに比べて若干多いようです。だから、インストールの時には注意しましょうということなのですよ。
そのため、これまでIE6で使ってきて最近そのことをきいてもしかしたらという程度なら、落とさない方が良かったのです。

逆にIEに問題が無かったのに強引に削除すると起動に支障が出ることがあります。元々、Windows98からIEはWindowsに統合されていますから、明らかに非がIEにあると分かる場合を除いて削除やダウングレードは避けた方が良いのですよ。

ちなみに、メーカー製PC(NECや富士通、Sonyなどのパソコン)で最初からIE6,0がインストールされていたパソコンをIE5,5に戻した場合は、リカバリ以外に修復の方法はないと考えてください。これらのPCでは最初からIE6,0がデフォルトブラウザとなっていますから、削除すると正常な起動ができなくなる可能性があります。

元々IE5,5が入っていた場合は、システムの復元をかけるかな?最低でもIE6をアンインストールする前に戻すこと。ちなみに復元機能でも正常に復元できないなら、リカバリ(Windowsの再インストール)が妥当。もしくは、ie6,0Sp1を修復インストールするか?

IEに深刻な不具合がある場合は、たいてい9xではWindowsの深部まで不具合が根を張っていますから、綺麗にリカバリした方が、快適に使えるかも・・・。
WindowsMeも使っていますから分かるのですが、フリーズなどの不具合が増えたなら、騙し騙しレジストリやシステムの復元を使うより再インストールした方が早い。ちなみに、私の使っているWindowsMeはシステムの復元は切ってます。(入れるとフリーズが増えるため)

投稿日時 - 2003-02-12 08:48:20

お礼

>明らかにIE6を入れた直後から

リソース不足やフリーズ、終了時のエラー等の不具合が目立ち始めたのはIEのアップグレード後からなんです。
元々はIE5.5(5.0ってありましたっけ?あればそれだったと思います)が入っていたタイプですが、なんせPCの知識を全く持たぬままDLやアップグレードを繰り返したツケが回ってきたのかと後悔しきりです。
システムの復元を停止させる事ができるんですか。
フリーズが減るなら俺もやってみたいのですが、方法を教えていただけないでしょうか?

投稿日時 - 2003-02-12 15:30:24

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(2件中 1~2件目)

ANo.3

>IEを元に戻す方法はないのでしょうか?
完全ではありませんが、

http://www.microsoft.com/japan/ie/
から
「InternetExplorer 5.5 Sp2」(ie5setup.exe)を
ダウンロードして実行します。

「最小構成インストール、またはブラウザのカスタマイズ」
を選択し「次へ」をクリック

「標準構成」or 「完全構成」を選択して
「詳細設定」をクリック
「ダウンロードのみ」にチェックをいれます。

こうしてファイルをダウンロードしておいて、

2.IEradicator
http://www.litepc.com/ieradicator.html
をダウンロード→実行で
InternetExplorerをアンインストール。
(私が使ったのはIEradicator2001です)

3.「アプリケーションの追加と削除」から
OutlookExpress6をアンインストール

4.最後にie5setup.exe を実行して
InternetExplorerをインストールします。

投稿日時 - 2003-02-13 02:06:35

お礼

IE5.5SP2のsetupは持っているのですが、実行しようとすると
「このコンピューターにはすでに最新版がインストールされています」
と表示され、インストーラーが起動しないのです。
IE6.0SP1をアンインストールしてから(完全ではなく失敗しますが)
実行しても同じでした。
どうやら削除するのは無理のようなので、我慢してこのまま使っていきます。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-02-13 04:40:41

ANo.1

IE6.0がXP用ということは無いはずですよ。単純にソフトのバージョンアップ版のはずです。
OSの不安定要因はIEにあるのでなく、もともとMeが抱えている「OSの不安定」という事に原因があるのではないでしょうか。私は現在メインのPCにXP、サブPCにMeを使用していますが、今まで95、98、98SE、Me、XPと使ってきた中でMeの不安定さに「不良品」と言いたいくらいの物です。何もしていなくてもメモリ不足やリソース不足に悩まされ、立ち上げ、終了も満足に出来ませんから。。。アメリカでは、Windows 98 SEとWindows Meを比べ「Windows Meの性能は驚くほど低い」と酷評しており、原因は「システム ファイルの保護機能など、システムの信頼性を向上させるための機構がオーバーヘッドになっているのではないか」といっています。
kawakaburiさんのPCの場合、タダでさえも不安定なMeにより構成の重くなったIE6.0を入れたのだから、より不安定になって当然だと思います。
当方も今までの経験から、購入時のマシンのスペックを考えた場合、ソフトのバージョンアップはよほどの不具合が無い限りあまり行わない方がいいという気がします(ちなみにXPを除いて今までで一番安定していたのは98+IE4でした)。
IE6.0のアンインストールの件ですが確かIE5.5と違ってIE6.0はアンインストールはできなかったような気がしますが、間違いでしょうか?
またMeにはWindowsMEのシステムの復元で2001年9月8日よりも後の復元ポイントが「復元に失敗しました」と表示され、復元できないという問題があります。
Windows Updateでアップデートを行なってなければ製品の更新をしてください。ただし、この修正プログラムをインストールするとインストール前に作成された復元ポイントは、修正プログラムのインストール後に使用できなくなるので注意が必要です。
必要なファイルが削除されちゃったら、復元をキャンセルすることで修復されます。
[スタート]→[プログラム]→[アクセサリ]→[システムツール] →[システムの復元]を起動します。 「最新の復元を復元前の状態に戻します」にチェック

以上を試してみてもう一度IE6.0をインストール?してみて様子を見る。それでもダメならレジストリの修復。それでもダメならリカバリって感じでしょうか。

マシンスペックがさほど低くないのならXPにバージョンアップするかWin2000にした方がイライラから開放されますよ。

投稿日時 - 2003-02-12 07:33:53

お礼

MEの性能は驚くほど低い…確かにそんな気がします。
不具合が多すぎて耐え切れなくなってますし…
IEはアンインストールできないのですね。
IEの修復で文字化け等は起こさなくなりましたから何とか我慢して、近いうちに2Kへのアップグレードを考えてます。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-02-12 15:21:55

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報