失業手当はいくらもらえるの?

主人からの代理質問です。
主人は19歳から10年間働いている会社を辞めるつもりでいます。
社会に出てから初めての退職なので、
わからない事だらけでして・・・
出来れば詳しく教えて下さい。

(1)自己都合で会社を辞めた場合、
失業手当はいくらもらえるのでしょうか?
(基本給は25万で、あと、色んな手当(役職手当など)がついて
毎月だいたい手取り56万くらいもらっています。
雇用保険など、保険関係には全て入っています)

(2)辞めてからどのくらいでもらえるのか?
 いつまでもらえるのか?

(3)失業手当を申請(?)するには、いつ、どうしたらよいのか?

です。他にもしておかないといけない事がたくさんあるようですが
何からしていいやらさっぱりわかりません。
わかりやすく説明していただけませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2003-01-27 13:44:06

QNo.456520

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(1)確かやめる3ヶ月前分を基準にするはずです。
(だからやめようと思う3ヶ月前は残業を頑張るべし(笑))
 その平均の60~80%のはず。
 詳しくはURL見てね。

(2)自己退職は3ヶ月待機後からです。
 これは手続きをしてから3ヶ月であって、辞めてからではないのでご注意を。

(3)退職後、離職票を会社から出してもらってそれをもって職安にいきます。
 手続きは職安で教えてくれます。

ちなみに30歳から給付の額が変わるのであと1年(年齢が上がるまで)頑張って働けませんか?

参考URL:http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a.html

投稿日時 - 2003-01-27 14:01:09

お礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
HPとても参考になりました。
3ヵ月後ですか・・・長いですね・・・
主人は早生まれなので来月でちょうど30歳になるので丁度よかったです(笑)
これから色々と大変ですが頑張ります。
ご回答ありがとうございました☆

投稿日時 - 2003-01-30 00:26:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(2件中 1~2件目)

ANo.3

こんにちは。

☆1について。
受給出来る基本手当日額については、原則として離職した日の
直前の6ヵ月に支払われた賃金(賞与等除く)の合計を、180で
割って算出した額の、およそ6~8割で、賃金が低ければ率は
高くなります。ただ年齢ごとに上限が定められており、30才未
満は8676円、30才以上45才未満ならば、9642円と決められ
ています。

☆2について
自己都合であれば、3ヵ月の「待期期間」 (離職理由による給
付制限) があります。で、迅速に手続きをしたとしても、現実
に第1回目の振込みがあるのは、辞めてから約4ヵ月後くらい
になります。

☆3について
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h1.html
上記に詳しく記載されていますが、「雇用保険被保険者離職票」
「雇用保険被保険者証」「身分証明書」「写真」「印鑑」「預
金通帳」等をハローワークへ持参し、受給要件を満たしている
ことを確認され、受給資格が決定したら後日「初回説明会」な
るものに出席します。
※「雇用保険被保険者離職票」は離職すると会社からもらえま
 す。離職理由に異義有り無し等を確認し署名します。「雇用
 保険被保険者証」についてはご自分で保管されている場合も
 会社が保管している場合もあり、また再発行も出来ます。

説明会では「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」を
手渡されます。その後は認定日(4週間に1度)ごとにハローワ
ークへ出向き、失業状態にあることの確認をされ、認定日より
数日~1週間後に振込みがあります。勿論、待期の場合は、3
ヵ月後からということになります。昨年9月20日より、認定に
ついては、一層厳しくなっています。

また自己都合での退社であれば、基本手当は、勤務が5年以上
10年未満の場合120日、10年以上20年未満の場合で150日支
給されます。年齢は関係ないのですが、ちょうど10年というこ
とですので、厳密に、10年を超えるまで加入なさっていれば、
150日の受給資格があります。加入期間が9年11ヵ月などでな
いか、お調べになってみても宜しいかと存じます。


少しでも参考になる部分があればと存じます。m(_ _)m

投稿日時 - 2003-01-27 16:20:53

お礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
viscariaさんの詳しい回答のおかげで
とてもわかりやすく理解できました。
これから色々大変ですが頑張っていきたいと思います。

ありがとうございました☆

投稿日時 - 2003-01-30 00:31:33

ANo.2

こんにちは。
現在事業所でこういった事務手続きを担当している者です。
(1)概算しか出せませんが、まず基本手当(いわゆる失業手当というものですね)の算定対象となる「賃金日額」を出します。
これは、離職日(退職日の翌日)から6ヶ月間に支払われた賃金総額(ただし、ボーナス等の臨時収入は除きます)÷180で求めます。
仮に毎月56万円ずつもらっていたとしますと、
56万×6÷180=18666(小数点以下切捨)
となりますが、雇用保険法で定める年齢別賃金日額の最高額というのがありまして、19+10=29で、だんなさまが29歳と仮定しますと、だんな様の賃金日額は、14460円となります。
次に基本手当の額ですが、賃金日額×60~80%で求めます。
この割合は「賃金日額が安い人には高い割合を適用し、逆に賃金日額が高い人には低い割合を適用することで、平均化する」という目的から、だんな様の場合60%が適用される可能性大ですから、
14460円×60%=8676円
となります。
(2)まずは、いつからもらえるのかということですが、7日間の待機期間の後、3ヶ月の給付制限(自己都合で退職された方には必ずこの期間があります)がかかった後で算定が始まりますので、最初の失業手当は約4ヶ月後の受け取りとなります。
次に、いつまでもらえるかですが、10年間お勤めの自己都合退職者ということですので、所定給付日数は150日となります。
(3)失業手当を受給するには、お勤め先から離職者証1,2という書類を受け取った後、お住まいの地域のハローワークへ行き、「求職者申請手続」というものを行う必要があります。
この書類が手元に届かない限り、申請はできません。
書類が手元に届くまでには、お勤め先とハローワークでそれぞれ諸手続きがあるので、大体1週間程度かかります。

取り急ぎ羅列しましたが、疑問点ありましたら、遠慮なくお礼文に書いていただければ、分かる範囲内で再回答いたしますので、遠慮なくおっしゃってくださいね。
ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2003-01-27 14:52:45

お礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
ご丁寧な回答を感謝しております。
みなさんの回答のおかげでだいぶ把握できました。
これから大変ですが頑張りたいと思います。

ありがとうございました☆

投稿日時 - 2003-01-30 00:28:21

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報