採血しにくいようなのですが…

私は、ある病気のため、1ヵ月に1度、血液検査を受けています。
毎回なのですが、血管が見つかりにくいらしく、採血の際に、いつも
難儀されてしまい、時には途中で断念されることもあり、申し訳なく
なってしまいます。
採血しにくい…というのは、体質的なもので仕方のないことなんでしょうか。
体質的なものなら、それはそれであきらめなければならないと思いますが、
もし、何か私ができる対策があれば…と思います。
どうかご回答、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2002-11-17 22:58:59

QNo.407044

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

採血し難い・・私もそうです。看護師泣かせの血管といわれます。
血管が探せないから中断?!病院を変わりましょう!どんな血管でも採血できるようになったら一人前の看護師なんですから。
でも、どうしても気になるようなら 採血に成功した時の位置を自分で覚えておくのです。
私は初めて受診し注射をする時かならづ看護師の方が顔を悩ましてます。そう言うときにはこちらから「看護師なかせって言われるんです」というと看護師のかたが「そのような血管のようですが頑張ります(笑)痛かったら言ってくださいね」とリラックスされます。その後にまだ、血管をさがしているようなら「以前、採血した時はここのあたりで採ってもらいましたよ」と言うと「やっぱり・・。ここね」と早く採血がすみます。
でもね、今事しなくてもいい病院に変わりましょう。
こういう事をいわなくてもすんなりスムーズに採血する看護師さんいらっしゃいますよ。採血経験の多い人は年齢に関係なく上手です。

投稿日時 - 2002-11-17 23:20:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(6件中 1~6件目)

ANo.7

採血の工夫はないことはないですが、多くは施行者の工夫です。
される側が出来ることとしては
痩せることも確かに有効
飲水をしておいて採血時に脱水気味でないことも有効だと思います(それらは極度なものは両方とも採血に難渋するので多少でも効果はあるでしょう)
あとこの時期だからではないですが、薄着の重ね着にしておいてください。採血時は薄手のシャツだけに成れるくらいがベスト。服が邪魔だと体位の問題もあるし、まくった時に圧迫が加わったり場所がふさがれたりするからです。そして力を抜いて採血する人の指示に従ってください。

採血者が選べるなら、正中を指で触って見えようと見えまいとそこで採血するベテランを選んでください。皮静脈というのは見える=太いではないのです。皮膚に近ければ見やすいですが逆に細くひらぺったいのです。ですから安易に見えるところを選ぶのは…失敗の確率が高い未熟者です。

男性で隆々とした血管の持ち主だと確かにあえて見えるところを選びますが、女性や老人で見難いときほどこの差があらわれます。

投稿日時 - 2002-11-18 11:32:51

ANo.6

 体質とかとは別次元の話です。もし肥満であれば痩せることですね。それ以外の場合は諦めるしかないでしょう。

投稿日時 - 2002-11-18 07:02:05

ANo.5

私も看護師さんを困らせてます・・・。
痛くて嫌ですよね・・・。

う~ん、これは難しそうだなぁといいながらも、一発で欠陥を当ててくれる看護師さんのときもあれば、何度も何度もさしたり、ぐりぐりされたり、何ヶ所も試されたり・・・ということもあります。

やっぱり看護師さんの腕ですよね・・・。

寒いより暖かいほうが、採血しやすいらしいので、
暖かくしていくほうがいいと思います。
それくらいしかたぶんできないと思います。

投稿日時 - 2002-11-18 01:13:40

ANo.4

私も腕の血管は浮きにくい?方なので、経験の少ない?看護婦さんだと困る事が多いみたいですね。
でも、看護婦さんによっては、血管が見えてなくとも触っただけ(触覚のみ?)で一発で血管に刺す方も居るので、腕の差?ではないでしょうか。

点滴の時など同じところ刺せなくなると、あちこち探して刺しますし。
点滴や、採血(大量時)の針に比べたら、血液検査時の針って細いのでは無いでしょうか。
その程度で困るというのも変な気もしますね。

昔に、採血針を刺した後血管をそれてしまい、腕の中で針をグリグリされた事がありますが、ちょっと痛かったですね。

投稿日時 - 2002-11-17 23:57:59

ANo.3

皮下脂肪が多いと血管は見えにくいです。

投稿日時 - 2002-11-17 23:23:13

ANo.2

こんばんは。それは体質というより体格でして、どうしても仕方の無いものです。
患者さんの側でできるとすると、朝食を抜かない事、カーデーガンやジャケットで暖かくして病院へいく事くらいでしょうか。
朝食は抜くと血圧が下がり、血管が浮きだしにくくなり、寒いとやはり血管が縮んでしまいます。

投稿日時 - 2002-11-17 23:21:20

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報

PR

PR

おすすめ特集

あなたの疑問にお答えします!
あなたの疑問にお答えします!

産経新聞社会部が、あなたの身の回りで起きている問題や疑問を徹底調査した上でご報告します。