発熱量の記号【GAD】【GAR】【NAR】

GAD、GAR、NAR
発熱量を表す記号のようなのですが、何を意味しているか教えてください。

【例文:CoalinQ社のホームページから】
-発熱量 : GAR 6,322kcal/kg (又は、GAD 6,700kcal/kg、NAR 6,080kcal/kg)

投稿日時 - 2008-04-14 13:18:14

QNo.3948007

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

たぶん、です。

石炭の発熱量は、含有水分が多いと低下します。
実際に石炭を使用する時点での水分含有量は、掘り出したときの含有水分よりも、移送中に吸湿して増加しているはずです。
従って、同じ石炭でも、乾燥石炭と吸湿石炭では単位量あたりの発熱量が違うわけで、それを区別しているんじゃないでしょうか。
AD:As Dry
AR:As Receive

また、石炭を燃焼させたとき、エネルギーとして取り出せない熱量があります。
もともと石炭が持つ熱量を高発熱量、実際にエネルギーとして取り出せる熱量を低発熱量といいます。
それぞれをグロス・ネットと呼ぶとすると、
【GAD】:グロスの乾燥石炭→最も大きな値となる
【GAR】:グロスの使用時石炭→使用時のグロス値
【NAR】:ネットの使用時石炭→実際に取り出せる値に最も近く、最小値となる
  ・・・と理解すれば、つじつまが合いそうです。

投稿日時 - 2008-04-14 14:38:02

お礼

裏づけはともかくとしても、非常に為になるご回答でした。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-04-20 15:59:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(0)

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報

PR

PR

おすすめ特集

あなたの疑問にお答えします!
あなたの疑問にお答えします!

産経新聞社会部が、あなたの身の回りで起きている問題や疑問を徹底調査した上でご報告します。