お腹がはちきれるくらい苦しくなるまで食べるのがとまりません・...

 大学三年生の女の子です。

 いつも体系のことが気になって、それに伴い食べ物が頭から離れません(>_<)そしてストレスからか苦しくなるまで食べてしまいます。
過食スイッチみたいなのがあって、これが入るとまらなくなります・・・
食事日記をつけるなど、色々工夫もしたのですが、後悔ばかりでちっとも前に進めません。
趣味もあるし、本や漫画を読んだりして気を紛らわしているのですがなかなか上手くいきません。

周りの子は細い子ばかり・・・体系が気になって引きこもりがちになルこともあり苦しいです。

こんな経験があるかた、こうしたらよくなったという方がいらっしゃいましたらアドバイスお願いします!!!

投稿日時 - 2007-10-29 18:34:02

QNo.3472056

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

回答(2件中 1~2件目)

ANo.2

ご実家ですか?一人暮らしですか?
私も実家にいるときは満腹まで食べてましたね。
でも、一人暮らしをするようになって後片付けを自分でしないといけなくなってから腹八分になりました。
なぜかというと、満腹まで食べちゃうと苦しくてその後動きたくなくなるんですよね。
私はすぐ片付けたい派なのであの満腹で動くときの苦しさがイヤで自然と程ほどにするようになりました。
自炊しても後片付けに動かなくてはならない、外食しても家に帰らないといけないので動かなくてはならない。
食べるだけで後はゴロンって出来るなら食べれるんですけどね!
あまり良い解決方法ではないかもしれないですが、とにかく食べたらすぐ動くということをされてみてはどうですか?
満腹で動くのは結構しんどいものがありますよ☆

投稿日時 - 2007-10-30 09:08:53

お礼

 回答ありがとうございます。

お察しの通り、実家暮らしです!!!
確かに食後はダラダラしています。

ぷち引きこもりになると部屋もぐちゃぐちゃ・・・
最悪ですね(^^;)
元気なときにきちんと片付けようと思います。

今日から食後のお皿洗いをやろうと思います!
母も助かるだろうし、一石二鳥ですね☆☆

本当にありがとうございました!!!

投稿日時 - 2007-10-30 10:01:26

ANo.1

私も貴方と全く同じ、正に今もその苦悩と葛藤を抱えている状況です。
自分の容姿に対するコンプレックスが強く、にもかかわらず『食』に対してとっても執着して貪欲です。
子供の頃から自他ともに認める食いしん坊で、食べる量に比例して当然のように太ります。
常に心は飢餓状態で、殆ど常に食べる事ばかり考えています。
太るのが嫌だから無理矢理なダイエットをするけど、一時的に痩せてもストレスが溜まる一方で、結局は過食に走りリバウンドしてしまいます。
太ると体重計に乗るのが怖くなり、自分の姿が醜く感じて、外に出たり人と会ったりするのが億劫になります。
この精神状態は年々悪化傾向にあり「この先自分はどうなってしまうのだろう?」という恐怖感があります。
こんな私でも時々は『食』への執着が薄れる時期もあり、そのキッカケは恋愛・仕事・遊び…と様々ですが、つまり他に夢中になれる事があると過食は治まるみたいです。
けれど基本的な食いしん坊の人格(?)はそう簡単に変わるモノではなく、どうしても人より多く食べる習慣があるので「好きなだけ食べても太りたくないなら運動するしかない」という結論に行き着いたりもします。
私の偏食・過食が始まったのは親元を離れ独り暮らしを始めてからでもあります。
自分一人だとつい暴食してしまうけど、誰かしらと一緒だと普通の食事で十分満足できてるみたいです。
楽しく会話をしながら時間をかけてゆっくり味わうと、お腹より先に気持ちが満たされるみたいです。
特に用もないのにコンビニやスーパーに行くと、つい買い込んでしまい…家にいると勿体無いから早く全部食べてしまいたい…という悪循環に陥ります。
だからなるべく無意味にお店に行かないようにして、家に食べ物を溜め込まないように、気をつけています。
でもその地道な我慢は結局あとで反動となってしまうので、ホント困ってます。

投稿日時 - 2007-10-29 19:17:22

お礼

 回答ありがとうございます。
同じような気持ちの方がいると分かり、救われました。
お互い辛いですね・・・
ストレス解消するにも、自分の体系がストレスで外に出るのが鬱になるなんて皮肉です。自分の存在がストレスになってしまうなんて悲しいことです。
 一日も早く普通に食事が取れるようになって明るく過ごしたいですね!!!

投稿日時 - 2007-10-30 09:52:21

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報