前職を辞めた理由

前職(アルバイト)を辞めた理由について、アドバイスをお願いします。

新たなバイトの面接に行くと、「前の仕事は何でやめたの?」と、結構聞かれることが多いと思います。そこで相談なんですが、どのように応答したら面接官の方に不快なく聞き入れてもらえるでしょうか。
以下に箇条書きで前職を辞めた状況を連ねてみました。

・直前のバイトは数日で辞めてしまった(直前ということもあり、履歴書には書くつもりです)
・辞めた理由...あえて得意ではない‘声がウリ‘の電話での接客業(未経験)を選んで、がんばれば何とかなるだろうと思っていたが、やはり合わなかった、実際に仕事をしてみて、自分の想定外な業務内容も含んでいた
・待遇面(人間関係など)は問題なかった

この問題を踏まえて、「自分とは、合わなかった」と、正直に言いたいのですが、やはりまずいでしょうか。
面接担当の方から「どう合わなかったの」と聞かれたとすれば、「当初からあまり得意でなかろう‘電話‘での接客業にあえて挑みましたが、どうしても無理でした」と答えようと思いますが「...?」と思われそうで心配です。なぜ電話が苦手なのに....と思われそうで。正直なところ、時給がよかったためですが、そんなことは、口がさけても言えません。
前々職と、前々前職は、いずれもスーパーでレジをしていました。(どちらも1年以上)
アルバイトで次は、未経験の一般事務を受けようと思っています。理由は一般事務をしている友人から仕事内容の概要を聞いたりした上で興味を持ち、自分もしてみたいと思ったからです。ずっと延々話し続ける電話でないのなら、可能です。

非常に文面がわかりづらく、申し訳ありません。
どうか、ご相談にのってください。お願いします。

投稿日時 - 2007-08-19 23:13:08

QNo.3269133

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

文面を拝見して、質問者様はとてもご自分に正直な方とお見受けしました。

質問者様のポリシーに反するかもしれませんが、アルバイトの面接時には、
全てを正直に明らかにすることが必ずしも有効ではないと思います。
時と場合によっては、「隠し事をする」ことでご本人にもプラスになり、
雇い主さんも安心し、結果として双方が幸せになることもあります。

個人的には、前職(電話接客業)を履歴書に書く必要はないと思います。
数日間で辞めた仕事は「職歴」と言えないのでは・・・?

その上で、新しい職(事務職)への志望動機は、
「延延とした電話応対がなければ大丈夫」というネガティブな部分は隠しておいて、
「事務職のこういう部分に興味があり、私に向いていると思う」
というポジティブな部分をアピールしてみてはいかがでしょうか?
このようなアプローチをすれば、雇用主さんも安心して質問者様を雇うことができると思います。

良い結果になるといいですね。
応援しています!

投稿日時 - 2007-08-20 11:04:10

お礼

ご相談にのっていただき、ありがとうございます。
前職を隠すことも考えましたが、問題が浮上しました。
前職で雇用保険に入っていたことと、会社から源泉徴収票を求められることです。
履歴書には前職を書かずに、口頭で働いていたことを前もって言った方がこの場合は有効なのでしょうか。それとも何も言わない方が有効なのでしょうか。よろしければ、アドバイスをお願い致します。
ご丁寧に相談にのって戴いているのにもかかわらず、質問ばかりなげかけるようで申し訳ありません。

投稿日時 - 2007-08-20 19:34:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(3件中 1~3件目)

ANo.4

こんにちは。
No3で回答させていただいた者です。
お返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

>前職を隠すことも考えましたが、問題が浮上しました。
>前職で雇用保険に入っていたことと、会社から源泉徴収票を求められることです。

詳しい情報、ありがとうございます。

どうしても「数日でお辞めになった」という部分にこだわってしまうのですが、前職では確かに雇用保険の加入手続きや給料からの源泉徴収をされていたのでしょうか?
前勤務先がどの程度しっかり労務管理をされていたかにもよりますが、数日で退職した従業員に対しては、そのあたりの手続きを(言葉は悪いですが)ウヤムヤにしてしまう所もあるやに聞きます。

もし私が質問者様と同じ境遇でしたら(私はあまり正直者ではないので・・・)、前職の勤務暦は自分の中でなかったことにしてしまいます。
雇用保険の離職票や源泉徴収票も、新たな勤務先には出しません。

ですが、それが質問者様の心の重荷になるようでしたら、全てを正確に履歴書に記入し、面接時に聞かれたことには全て正確にお答えになることをお勧めします。

ただ、あえてご自分が不利になることは言う必要がないと思いますので、前職を辞めた理由については「ちょっと自分とは合わなかったので・・・」くらいで良いのではないでしょうか?

雇い主さんが一番気にしているのは、「自分の会社で一生懸命やってくれるかどうか」ですので、あまり前職を辞めたことにはこだわらず、これからの「やる気」を誠意を持って示される方が、好印象を与えると思いますよ。

「案ずるより生むが安し」です。
自信を持ってくださいね!

投稿日時 - 2007-08-21 09:12:54

お礼

こんにちは、ご回答ありがとうございます!!
前職のことはあまり知られたくないので、履歴書には書かず、口頭で少し触れる程度に話し、あまり明かさないようにしたいと思いました。
shibupooh様の言われた「やる気」を、面接のときに前面に出して挑みたいと思います。
すごく助けられました!!

投稿日時 - 2007-08-21 11:08:53

ANo.2

貴方が今回のバイト面接先の業者側…。
つまり面接をする側の商売を、自営業として生業として生活して
いると仮定します。
当然事業を儲けさせるために何らかの努力はするわけで。
さて、人が足りなくなってきたのでバイトの面接をするとします。

貴方が雇用側の面接官であれば、どう言う人を雇いますか?

ある程度大人数の従業員を抱える場合は、分業化がされているので
比較的単純労働をコツコツこなしてくれる人。
小人数を抱える場合は、それなりにアドリブが利く人。
客商売であれば真面目な愛想のいい人。
…ま、何がしかの雇用側のNeeds というのがあると思います。

また、1人の求人に対し、10名志望者がおれば、かなり贅沢な
人事考課をしますし、数名の志望者しかいなければ、削除法の
雇用となります。
また、基本的に、求人広告は出すだけでお金がかかりますので、
早期離職は教育コストがかさむので懸念される傾向にあります。

こう考えますと。
貴方のようなご意見を仰る方が、貴方の会社に来たとします。
で、
・直前のバイトは数日で辞めてしまった
・辞めた理由...やはり合わなかった、実自分の想定外
というご意見を仰る。
貴方が雇用側だとどう判断しますか?

私が思うに。
あくまで表現の問題だけですが、「否定感」をあまり見せずに
ある程度良識のハッタリをかけるとともに、喋りすぎないのが
いいのではないかと思います。
アルバイト職はそもそも長期契約ではありませんので、離職すること
はそんなに悪いことではないはず。
よって、
・直前業務は数日で都合あり離職。
・理由は、当初契約に無かった範疇の電話接客業務を依頼され
 真面目に努力したが、どうしても業務内容が自身の良識を超えて
 おりうまく履行できなかった。
・一般事務職は○○(他者伝聞事由は言わないほうがいいかと)が
 理由で興味があったから。
程度でいいような気がします。

貴方が雇用側で、何十人も面接するとしたときにどう思われると
いいかなぁと思えば答えは見えると思います。
あとは、WantsとNeedsの駆け引きであり、運と縁の問題でしょう。

投稿日時 - 2007-08-19 23:43:45

お礼

アドバイスありがとうございます!!
雇用する側の立場に立って一度冷静に考えます。
私は、仕事でミスがあった時、その状況説明をしているうちに、焦って話しすぎる傾向がありました。辞めた理由を告げる時もこのような面が出てしまわないように気をつけます。
人伝に聞いたことをそのまま面接で言うのはマズいことだったのですね。相談にのってくださって、見えないものに気付かせてくれた気がします。

投稿日時 - 2007-08-20 10:17:40

ANo.1

一般事務は電話の対応も大事な仕事ですので
「電話が苦手」という理由で前職を数日で辞めてしまった、
というのは大きなマイナスイメージになってしまうと思います。
「実際に仕事してみて、想定外の業務内容も含んでいた」で
良いのではないでしょうか?

投稿日時 - 2007-08-19 23:29:28

お礼

ご相談にのっていただき、ありがとうございます。そうですよね、同じ電話を扱うであろう仕事なので、電話が苦手なことは触れずに「最初思っていた仕事に、想定外の業務内容も含まれており、最終的に合わなかったので辞めました」と答えようと思います。

投稿日時 - 2007-08-20 09:39:26

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報

PR

PR

おすすめ特集

あなたの疑問にお答えします!
あなたの疑問にお答えします!

産経新聞社会部が、あなたの身の回りで起きている問題や疑問を徹底調査した上でご報告します。