建築確認で必要なシックスハウス対策

DIYで、家庭菜園用の土地に作業小屋を建てようとしています。
木造平屋で9.5m2の広さです。
都市計画区域内の新築であるため、建築確認を申請するのですが、シックスハウス対策の条件が、よくわかりません。
作業小屋兼倉庫なので一間のみで窓2箇所と出入り口ドアがあります。
常時換気口として6.5Φの換気フードを2箇所つけるつもりなのですが、これでも、何らかの機械的な換気装置が必要となるのですか。

投稿日時 - 2007-03-10 22:51:14

QNo.2821417

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

5の方がおしゃってる開け放しの窓があれば計算は楽なのですが、隙間を計算するのは大変な事です。
換気扇のスペックがわかっているなら楽ですね。ダクト式でなく壁付ですよね。ダクト式だと長さによってロスがあります。
設計注意点は給気口の高さはH1600以上の位置に設けて図面に高さを記入して下さい。
換気扇の位置には換気扇の記号に排気する方向矢印を書き「24時間換気」と換気扇の品番を記入しておきましょう。吸気と排気機が効率よく部屋の中を換気するような位置に配置して下さい。図面には平均天井を計算して記入しておきましょう。
表の書き方ですがまず「換気量計算」で室名、面積、平均天井から気積を計算して「必要換気量」を出します。そして換気扇のスペックから「有効換気量」を出して住宅以外の居室なので0.3回/時間以上の換気量があることを示します。そしてこの場合は方式は「第3種換気・自然給気と機械による排気」と記入します。
次に「天井裏等への措置」です。この部屋に接している床下や小屋裏、物入などがあればそこに通気止めをしているか第3種材料の使用かを明示します。対策が取れていない時はそこの気積も必要換気量に含めなければなりません。床下がなければ「なし」で結構です。
最後に建築材料表です。ここに居室の仕上げを書きフォースターを使用している旨を書きます。または自然素材なら「規制対象外」とかきましょう。ほかに「クロルピリホスは使用しない」(防蟻材)と記載して、換気扇のカタログのコピーをつければたいてい大丈夫です。
これは平面図の横に表のように書けば図面の枚数が増えることはありません。イメージが文章では伝わりにくいですが頑張って下さいね。

投稿日時 - 2007-03-12 15:44:48

お礼

詳細な説明、大変ありがとうございます。
DIYで初めての建築確認申請ですので、書き方自体四苦八苦している状態です。非常に参考になります。
また、激励もありがたく頂戴します。

投稿日時 - 2007-03-13 19:27:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(7件中 1~7件目)

ANo.8

ガラリの位置について、法の規定はありません。
特定行政庁などにより、指導規定を持っている場合も考えられますので、概ね半数を床近く(50cmくらいまで)、残りを天井近くの対角する位置、というように、部屋全体の空気が循環する位置に設置するのが良いかと思います。(3個とした場合、床近くに1個、天井近くに2個で構いません。)
ま、指摘されたら直す、で充分ですが。
ちなみに、先に書いたバス停留所の場合は、位置は何も言われませんでした。全て天井近くで、南北に各2個、という感じでOKでした。

投稿日時 - 2007-03-14 08:59:27

お礼

ご回答ありがとうございます。
早速図面を作成します。

投稿日時 - 2007-03-18 03:03:44

ANo.7

No.6の方が難しいとおっしゃってますが、相当隙間面積の算出をしようというのではないので、開口面積を算定するのは難しくはないです。
隙間なんか無視してガラリの有効開口を算定しますので。
申し訳ありませんが、そこまでシビアな建物では無いですよね。
例えばキョーワナスタの常時開放型ガラリ・150φ・換気有効面積57cm2を3箇所付ければOK。
電気を引かない、バス停を作った時、これで通りました。
全く問題ないですよ。機械換気は必要有りません。

投稿日時 - 2007-03-12 20:45:53

お礼

ご回答ありがとうございます。
建物は、全く、シビアではありません。
ド素人が作るので、最終的には、隙間だらけの寒風吹き込む作業小屋になると思われます。
ただ、建築確認申請で何度も役所に足を運ぶわけにいかないので、なるべく一発で(無謀ですか)対応できればと考えています。
ガラリは取り付け位置などの規制はあるのですか。

投稿日時 - 2007-03-13 19:39:50

ANo.5

作業小屋も居室とみなされるので、換気設備の設置は必要となります。
原則として機械換気設備となりますが、平成15年国土交通省告示第273号、第二のなかで、機械換気設備以外の構造方法が定められています。
そこで、「外気に常時開放された開口部等の換気上有効な面積の合計が、床面積に対して、1万分の15以上とすること。」とされています。
床面積1m2当たり、15cm2以上の常時開放された開口部等が有れば、機械換気設備は免除され、今回の場合、15×9.5=142.5cm2以上の換気口が有れば機械換気設備は設けなくて構いません。
6.5cmの換気口で有れば、1個当たり30cm2程度ですので、足りませんが、大きいものにする、個数を増やす、などをすれば、解決できます。
なお、開口面積は、カタログなどで確認した有効面積とした方が良いでしょうね。
また、作業小屋、とのことですが、倉庫、ならシックハウス規定自体がかからなくなりますが、そうもいかないんでしょうか??

投稿日時 - 2007-03-12 09:06:07

お礼

回答ありがとう、ございます。
>倉庫なら
No2のお礼にも書きましたが、使い方としては、休息所に近いです。

投稿日時 - 2007-03-13 19:22:15

ANo.4

No3の回答をしたものですが、文字化け(m3が変換されなかったみたいで)してしまいましたので、再投稿します。

>>換気量はカタログ値から、例えば換気扇スペックに40m3/hとあれば、居室容量30m3と比べて0.5/h回以上ということでいいのでしょうか

例えば床面積10m2に対して天井高さが3mだった場合30m3ですよね、その場合30m3×0.5=15m3/h以上の換気能力が有ればいいようですので40m3/hなら十分だと思います。

投稿日時 - 2007-03-11 17:57:25

お礼

ありがとうございます。
ただ、換気扇のスペックに風量・静圧特性とかなにやら、ごちゃごちゃと書いてあって、カタログの換気能力をそのまま換気量としていいものなのかがわからなくなってしまいました。

投稿日時 - 2007-03-13 19:19:03

ANo.3

>>換気量はカタログ値から、例えば換気扇スペックに40m3/hとあれば、居室容量30m3と比べて0.5/h回以上ということでいいのでしょうか

例えば床面積10m2に対して天井高さが3mだった場合30㎥ですよね、その場合30㎥×0.5=15㎥/h以上の換気能力が有ればいいようですので40㎥/hなら十分だと思います。

投稿日時 - 2007-03-11 17:54:36

ANo.2

もし機械換気の設置をやめたいのなら換気口の条件を立証するよりは用途を「倉庫(のみ)」で申請するのはいかがでしょうか。まったく居室でなくなるので機械換気の設置義務はなくなります。

それよりも木造平屋9.5m2で申請されるということはもしかして建築地が防火・準防火地域だからでしょうか?
建築地が防火・準防火地域にあたる場合、建物を準耐火にする必要が出てくる場合があるので、場合によってはシックハウス対策よりこっちのほうが大変です。

投稿日時 - 2007-03-11 12:04:03

お礼

ご回答ありがとうございます。
セルフビルドで作成しているのは、公園によくある、東小屋のような物です。住居としての生活はしませんが、週末家庭菜園の休息場所として使う予定です。これだと居室としての建築確認申請が必要になると考えました。敷地は都市計画区域内の未線引き区域です。防火・準防火地域ではありませんが、新築の場合は10m2以下であっても建築確認申請が必要とのことなので、対応しようとしています。

投稿日時 - 2007-03-11 13:03:23

ANo.1

シックハウスの件は、私も機械換気で無くてもいいのでは?と以前調べた事が有ります。

まず、作業小屋の扱いは『居住、執務、作業、集会、娯楽その他これらに類する目的のために継続的に使用する室』に該当するものとした場合は規定の適用が必要ですね。

常時換気口での換気は、第4種換気(自然換気)と呼ばれる方法にあたると思いますが、これは温度差や風力に左右されるそうで、決められた換気回数を実施させる証明が困難で、設計が難しいとされているそうです。

下記添付サイトの2、換気設備についてQ15から抜粋しますと
『建築物のシックハウス対策マニュアル』内に、
戸建住宅に用いる自然換気設備についての場合ですが、
「冬期暖房時には比較的安定した換気量を得ることができるものの、夏期や中間期においては、自然換気設備のみでは不十分であると考えられる。従って、建築基準法ではホルムアルデヒド対策の換気設備として、機械換気設備の設置を原則として義務付けている」とあるようです。

電気が来ているようでしたら、壁付けのパイプファン等はかなり廉価ですので、機械換気を検討して戴いては?と思います。

参考URL:http://www.j-eri.co.jp/ericlub/ericlub_qa03.html

投稿日時 - 2007-03-11 01:20:14

お礼

早々の回答ありがとうございます。
自然換気だけて問題はないのでは、と考えていましたがいろいろ調べると機械換気が義務化されたようにも書いてあり、よくわからなくなっていまったのが実情です。確かに、簡単な換気扇を取り付ければ問題はないと思われますが、その場合でも換気量はカタログ値から、例えば換気扇スペックに40m3/hとあれば、居室容量30m3と比べて0.5/h回以上ということでいいのでしょうか。ちなみに、部材はF4以上がすべてです。

投稿日時 - 2007-03-11 12:51:56

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報