メールの出だし文句

大学時代にお世話になった教授にメールを送りたいのですが、出だしの言葉にいつも悩んでしまいます。「お世話になっております」や「ご無沙汰しております」では、ビジネスメールではないので、ちょっと堅苦しいかなと思ってしまうのですが、他に何か良い書き出し方はないでしょうか?まぁまぁ親しい間柄です。
それから、「~います」という書き方は失礼ではないでしょうか?「~おります」の方が、より丁寧な感じはするのですが、「~います」でも失礼にあたらないのであれば、こちらの方がしっくりきます。
最近、ビジネスメールとごっちゃになってしまうので、うまく使い分けができるようになりたいです。アドバイス宜しくお願いします。

投稿日時 - 2007-01-27 16:06:01

QNo.2700514

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

#1です。
そういう間柄なのであれば、メールでも問題ないでしょうね。「~いま
す」も大丈夫でしょう。むしろその方が今後の関係も良好に行きそうで
す。

投稿日時 - 2007-01-27 18:41:53

お礼

再度ご回答くださいまして、ありがとうございます。
あまりカチカチになりすぎない程度の言葉遣いで気楽にメール打ってみようと思います。ありがとうございました!

投稿日時 - 2007-02-01 18:33:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(1件中 1~1件目)

ANo.1

普通の手紙と同じ感覚でよろしいのではないでしょうか。その教授の
感受性しだいですけど、本当の手紙の方がよいかもしれませんし、逆
にもう少しくだけた感じの方が良いケースもあるでしょう。どの程度
の関係なのかわかりませんが、文面からすると、手紙を出された方が
良いように汲み取れます。「お世話になっております」は変です。
しっくりくる理由が質問者さんの感性によるのか、教授との関係によ
るのかによって「~います」、「~おります」の選び方は変わるでしょ
う。前者なら「~おります」、後者なら「~います」を使った方が差
し障りないと思います。

投稿日時 - 2007-01-27 16:19:37

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
しっくりくる理由は、普段、その教授との会話では「~おります」は使わず、「~います」の口調で話しているからです。文章にするときだけ「~おります」を使うのは、改まってる感じがするなぁと思ったのですが、あくまで私の感性なので、適切かどうかはわかりません。
教授との間柄は、他の人に比べたらちょっと親しい卒業生といったところです。あくまで、教授-卒業生の関係には変わりないので、丁寧であればあるほど良いとは思うのですが…。
アドバイスの通り、「お世話になっております」はやめます。お客様とは違うので、丁寧語を使いつつ、ちょっとくだけた感じが良いかもしれませんね。

投稿日時 - 2007-01-27 17:52:50

あなたにおすすめの質問

MSN恋人探し

MSN恋愛・結婚

婚活中の独身男女を見る

婚活中の独身男女を見る

世界最大級の恋愛・結婚マッチングサイトで無料検索して、パートナー候補を探そう。

恋愛研究カレッジ

恋愛研究カレッジ

異性にモテる法則を徹底考察!男女の違いを理解すれば、もっと恋愛を楽しめるはず。

[PR] お役立ち情報