利子割額の控除・還付に関する計算方法について

決算書を作成中ですが、普通預金の利息に関する利子割額の計算方法についてお伺いします。

例えば預金利子が 1,000円あったとしますと、国税 150円、地方税50円となるのでしょうか、それとも受け取った 1,000円は20%源泉徴収済ならば、元の金額は 1,250円だから、国税 187円、地方税62円となるのでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-10-22 07:09:56

QNo.2489024

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

利息は税金を差し引いて入金されていますので、
入金額が1,000円であるのでしたら、

普通預金  800  /  受取利息 1,000
公租公課  200

となります。

投稿日時 - 2006-10-22 07:38:27

お礼

早速のご回答有難うございます。これまで、決算は税理士さんまかせ
でしたが、今回は自分自身で申告書を作成する積りです。分からない
ことが多いので、今後ともよろしくおねがいします。

投稿日時 - 2006-10-22 18:02:04

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(3件中 1~3件目)

ANo.4

その都度仕訳された方がいいですね。年に数回のことなので「決算の際にまとめて事務の省略化」ということにもなりませんし。

投稿日時 - 2006-10-22 23:47:41

ANo.3

あっ、そうです。
#1の仕訳は受取利息が1000円の時でしたっ!!
元の金額とおっしゃるのが受取利息の金額です。
自信満々で<(_ _)>

投稿日時 - 2006-10-22 12:26:39

ANo.2

入金額が1,000円でしたら仕訳時の普通預金は1,000円でないと合わないでしょう。
普通預金 1,000 / 受取利息 1,250
租税公課  250
が正しいと思います。

投稿日時 - 2006-10-22 11:11:03

お礼

ご指導有難うございます。受取利息を受け取った場合、常にこのように仕分けすべきでしょうか、決算の際に受取利息を
集計して、利子割額の控除・還付の計算を利息分の租税公課の合計金額を国税・地方税に按分すればよいものでしょうか?

投稿日時 - 2006-10-22 18:18:54

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報