判決の場合、未決拘留日数は懲役期間から差引かないで良いのか?

知っている人の刑事事件の判決が出ましたが、どうもその判決では、未決拘留日数は懲役期間から全然差引いていないようでした。執行猶予はついていましたが。なお、未決拘留日数は2ヶ月か3ヶ月でした。未決拘留日数は懲役期間から全然差引かなくても問題無いのでしょうか?

投稿日時 - 2006-10-04 13:27:52

QNo.2450321

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

未決勾留を差し引くかは裁判所の裁量の問題となります。
執行猶予判決では未決勾留を差し引くことは珍しいです。(できないわけではありませんが普通はあまりしないと言うことです)

投稿日時 - 2006-10-04 13:48:44

お礼

大変有難うございます。

投稿日時 - 2006-10-04 15:52:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(2件中 1~2件目)

ANo.2

刑法第21条に未決勾留日数についての規定があります。

この規定によると「算入することができる」とされているだけですので、算入するかしないかは裁判官の判断ということになりますね。

ですので、算入しない場合でも違法ではありません。
情状によって決めたり、算入しない代わりに執行猶予をつけるとか。。。

(未決勾留日数の本刑算入)
第二十一条 未決拘留の日数は、その全部又は一部を本刑に算入することができる。

参考URL:http://puni.at.webry.info/200604/article_11.html

投稿日時 - 2006-10-04 13:43:34

お礼

大変有難うございます。

投稿日時 - 2006-10-04 15:51:30

執行猶予付判決の場合は判決文の中に「未決拘留日数」は入れないです。
(差し引かれないから)

投稿日時 - 2006-10-04 13:39:42

お礼

そうですか。有難うございます。
大変参考になりました。

投稿日時 - 2006-10-04 15:50:47

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報