車のエンジンマウントについて。

私は今92年式のトヨタターセルにのってます。 ちなみに104000キロ走ってます。その私の車が、信号待ちをしている時とか止まっている時ぶるぶるという音が聞こえます。 そして私は車にうといので友達の車の修理屋の人に聞いたらそれはエンジンマウントという所が古いからで、気になるなら車が停止している時はニュートラルに入れると音は止むよ、と言われました。 試したら確かにやみました。 修理屋さんが言うには直すとお金がかかるから、お金がないのならあと1、2年しか乗らないのだし(これは私が1、2年しか乗らないと言いました。)、そのまま乗っておけば?と言いました。 これは本当ですか? 私は本当にこのアドバイスを信じて良いか不安です。 でも確かにお金に余裕はないのです。
それからもう一つ質問ですが、さきほどの人とはまた別の車の修理屋さんにこの話をしたら、104000キロぐらいしか乗ってないのに、エンジンマウントがやられるのはおかしい、たぶん買ったときに走行距離をいじってあったんではないかと言われましたが、私は十分私の車はもう走っていると思うのでエンジンマウントというものから音がするのなんて古いから不思議ではないと思うのですが、これについてどう思われますか? なんか分かり難い質問ですみませんが、どうぞアドバイスをよろしくお願いします。

投稿日時 - 2000-05-03 00:36:49

QNo.2148

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

回答(6件中 1~6件目)

ANo.6

エンジンは、車体に取り付けらる際振動を防止するためにゴムを間に入れて固定してあります。それがマウントです。古くなるとそのゴムが劣化して弾力を失い振動が車体に伝わり易くなってしまいます。ゴム部品は高くは無いでしょうが、エンジンを下ろして取り替える工賃がけっこう高くつくでしょう。それにしても通常20万キロはエンジンは持ちます。乗る距離が少なければゴムは年数で劣化しますが。我慢して乗っているほうが利口だと思います。

投稿日時 - 2000-05-03 03:19:58

ANo.5

 エンジンマウントは皆さんがおっしゃるとおり、エンジンの振動を吸収する役割を担ってます。たぶん前乗っていた人の乗り方や扱い方でマウントに寿命がきたのかもしれませんね。私はミニ(64000KM)にのってますが、マウントは2回交換しました。今はゴムから金属のものに交換してあるのですが、さすがにきしむ音がすごいです。私のような例もあるので、もし長く乗るつもりなら交換したほうがいいですね。音さえ気にならなければがんばって乗ってください。でも、そのままにしてのっていて、振動によって他の所に被害がいかないかが不安ですね。でも世界のトヨタですからね、だいじょうぶかな。

投稿日時 - 2000-05-03 02:50:52

ANo.4

そのまま乗っていて問題なく、いじられていないと思います。

エンジンマウントは鉄の板を曲げて作った大体コの字上の部品の中にゴムの部品が納まってるもので、エンジン振動を吸収するためにあります。
このゴムが雨、大気にさらされ劣化し、エンジンの熱を受けて硬くなり振動吸収能力が低下します。
と、基本的なこと説明させていただいて・・

後半の質問に先に答えてしまうと必要十分設計の世界一できてるトヨタのことですから、日本車すべてに平成から実施されている6年、10万キロ車体保証期間を過ぎた安全に支障のない機構であるこの部品がやれてもなんの不思議もなく、蛇足ながらクレ-ム扱いにもならないでしょう。
また、エンジンの振動吸収を使切れなくなると、車体側のマウントに亀裂が入りますが、これもトヨタのことですから安全上問題になるこの状況を10万キロそこいらで発生させることは無いでしょう。(あまり知られてませんが日本の乗用車は平均寿命で約11万キロですから、メ-カ-の安全機構のねらい目はまだまだ上です。)これこそ、マウントに亀裂が入ってきてたらトヨタのお客様相談にクレ-ム申し立てできますよ。
うるさいのを我慢して乗れるならそのままお乗りください。

投稿日時 - 2000-05-03 02:05:09

ANo.3

詳しい説明は前のお二人の方のおっしゃるとおりです。以前車関係の仕事をしており10万キロ以上のトヨタ車に乗っているので経験からのアドバイスを。
私は結構元気に運転するので5万キロくらいで交換しています。マウントは車種によりますがひとつ8000円くらいします。ターセルなら三つ必要でプラス工賃ですから結構な出費になります。マウントの劣化でゴムが切れてぶらぶらになっても問題なくそのまま乗っているかたもかなりいますので、故障等の問題にはなりにくいのでそのままでも大丈夫だと思います。あとは振動とか音とかの問題は個人差がありますので気になるようでしたら交換してください。しかし、それ以上に交換が必要な部品が多数ありますのでほかの整備を先にされたほうが良いと思います。詳しいことは車屋さんに聞いてください。

投稿日時 - 2000-05-03 02:01:06

ANo.2

そもそも、エンジンマウント自体が、ゴム製の部品ですから…劣化や風化によって
ゆるんだり痛んだりはします。
10万キロでの交換が適当かどうかは判断しかねますが、欧州車の場合5~6万キロで
の交換もよく聞きますので、振動や音が気になって仕方ないのなら交換してみたら
いかがでしょう?
ただ、国産車の場合…はたからみても音も振動もかなりひどいのにそのままにして
いる方はよく見かけますが…
一応、部品の写真等がありましたので、URLを添付しておきます。
あまり参考にならなくて、ごめんなさいね…

参考URL:http://www.fsinet.or.jp/~coronaff/syuri/egmount.html

投稿日時 - 2000-05-03 01:20:12

補足

とっても参考になりましたよ、やっぱりこのまま交換しないで頑張る事にします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

ANo.1

YTM

エンジンマウントは、元々エンジンの振動を和らげる働きをしているもので、確か硬質ゴムで出来ており(トラックはそうです)、10万kmを保証としていたと思います。(乗用車は(?))
そのため、振動でゴムがへたり、直接振動を受けてしまう様になったと思います。(音は多分、エンジン・T/M側からと思われます)
また、10万km以上も走行しているため、エンジン内部・T/Mの摩耗も出て、より振動が大きくなってるのも1つの要因として考えられます。
1番良いのはオーバーホール・マウント交換でしょうが、この先の走行距離も考えれば、そのままで良いのかも知れません。
但し、その振動が起因となって、他の部位の損傷に発展するかも知れませんので、早めの買い替えを考えたほうが、良いと思います。

投稿日時 - 2000-05-03 01:17:26

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報

PR

PR

おすすめ特集

あなたの疑問にお答えします!
あなたの疑問にお答えします!

産経新聞社会部が、あなたの身の回りで起きている問題や疑問を徹底調査した上でご報告します。