【有給休暇】 「全労働日」の計算方法

http://www.campus.ne.jp/~labor/q&a/32right.html

年休の発生要件「全労働日の8割以上出勤した労働者」の取扱い

労基法は年休について、勤続年数のほかに前年における「全労働日の8割以上の出勤」を付与要件としている。この出勤率の算式は、出勤日÷全労働日>=0.8。

「全労働日」とは、労働契約上予め、労働義務が課されている日をいう。通常は、計算期間(採用時の6箇月、その後の1年)の総暦日数から、就業規則等で定められた事業場所定の休日を除いた日となる。) 制度上の労働日であって実労働ではない。従って、休日労働があってもその日が全労働日に含まれることはない。(S33・2・13基発第90号)


http://www.campus.ne.jp/~labor/q&a/32right.html

と書いてあるのですが、週5日契約となっている場合の「全労働日」はどのように計算するのですか?

単純に1ヶ月=4週で計算すると、20日になるはずですが、

その計算だと、雇用者側にとって不利な計算になると思ったので。

仮に、週7日(毎日)契約だとしたら、1ヶ月=4週で計算すると、28日になる訳で、30(31)日にならないですよね。

疑問に感じました。

投稿日時 - 2005-10-14 03:53:38

QNo.1712587

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

契約上、その人が出勤しなければならない日が、全労働日と言う事ではないですか?

週5日契約と言う事は、土日休みと考えても、問題ないかと思います。

そうすると10月は30日も出勤数はありませんよ。最大でも21日ですよね。
(10月のカレンダーを数えてください。#1さんの言われている通りです。)

したがって、その人の10月の全労働日は21日になる、と言うのが自然かと思います。

自己都合などで休みがあれば、その分を引いた日数が、出勤日になります。

いかがでしょう。

投稿日時 - 2005-10-15 09:04:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

[  前へ  |  次へ ]

ベストアンサー以外の回答(2件中 1~2件目)

ANo.3

昭和63.3.14労働基準局長名通達150号によると
「全労働日とは、労働契約により労働する義務のあるすべての日をいう。」

ようは、総暦日数から所定の休日(就業規則等で決めている休みの日)を除いた日が全労働日になるということです。
他の方が答えているようにカレンダーで日数を数えればいいかと思います。

ちなみに、全労働日から除外される日としては、
使用者の責に帰すべき事由による休業の日
正当な争議行為により労務の提供が全くなされなかった日
労使いずれの責にも帰すべからざる不可抗力による休業
が上記の通達には示されています。

投稿日時 - 2005-10-22 10:42:38

ANo.1

掛け算で求めるのではなく、単純にカレンダーベースで
考えればいいです。
つまり、カレンダーを見ながら1日1日数えていって下さい。

投稿日時 - 2005-10-14 10:16:26

お礼

回答ありがとうございます。

9月の場合は1日~30日まで、5週だから、全労働日は25日
10月の場合は1日~31日まで、6週だから、全労働日は30日

ってことですか??

投稿日時 - 2005-10-14 23:16:31

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報

PR

PR

おすすめ特集

あなたの疑問にお答えします!
あなたの疑問にお答えします!

産経新聞社会部が、あなたの身の回りで起きている問題や疑問を徹底調査した上でご報告します。