Webページとして保存、発行の違いについて

Excel2003のWebページとして保存、発行の概念の違いについて教えてください。

それぞれの操作方法、または保存(発行)後のファイルの保存の違い等は理解しているつもりですが、保存、発行の意味の違いがよくわかりません。

Webページとして発行すると、ネットワーク上の各端末から該当のファイルを閲覧、または修正できる…というように理解しているのですが、Webページとして保存することとどうちがうのでしょうか。

Webページとして保存したのでは、上記のことは不可能なのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2005-08-16 01:20:26

QNo.1582656

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

s_nonchanさんの考え方でよいと思います

Webページとして保存は作業中のブックは閉じられWebページとして保存されます

Webページとして発行は作業中のブックはそのまま開かれた状態で保存されます

ためしに「名前を付けて保存」ダイヤログボックスの「発行」、「Webページとして発行」ダイヤログボックスの「選択」項目からブック全体を選択し発行してみてください、ブックの編集が出来ると思います

>Webページとして保存したのでは、上記のことは不可能なのでしょうか。
上記の違いでお分かりかと思います
言葉足らずですみません

投稿日時 - 2005-08-16 13:10:08

お礼

概念(意味)について、思いっきり勘違いしていたみたいです。
お礼が遅くなり、大変申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2005-08-31 10:12:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(0)

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報

PR

PR

おすすめ特集

あなたの疑問にお答えします!
あなたの疑問にお答えします!

産経新聞社会部が、あなたの身の回りで起きている問題や疑問を徹底調査した上でご報告します。