日本語として添削してほしいと思います。よろしくお願いいたしま...

外人です。今「日本語における女性語の解析」という論文を書いています。日本語として正しいかどうか、自信をもっていないのです。日本人に校正していただきたいと思います。
(二)女性語の起源
女性語の起源は室町時代の宮廷の女房詞にあるという主張がされ、定着していく。女房は昔、宮中に仕えた部屋もちの女官である。女房詞とは昔、宮中の女官の間で使われた言葉である。表(一)のように女官達は宮廷の食品、工具、日用品などの呼び名を柔らかな言い回しで呼んでいた。
表(一)
一般の呼び名詞 女房詞 一般の呼び名 女房詞
  そば   ほそもの 餅 かちん
江戸時代に至って、女房詞が宮廷から平民まで広がった。その時の女房詞の特徴は二つに分かれる。一つは接頭語「お」である。もう一つは接尾語「もの」「もじ」である。江戸時代以後、女性が集まる職業の中で多くの女性語が生まれる。職業によって女中言葉と郭言葉と二種類がある。今の女性が多く使う「ます」という言葉は郭言葉からの移り変わりである。
従って、女性語は室町時代、江戸時代にわたって生まれた言葉である。江戸時代までに「女重宝記」の記載により、女性語の数量は144の言葉がある。

投稿日時 - 2005-02-17 02:04:32

QNo.1222513

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

いくつか、専門用語のためかわからない記述もあるのですが、純粋に日本語だけを考えると:

> 女性語の起源は室町時代の宮廷の女房詞にあるという主張がされ、定着していく。
→(なんとなく不自然です。)
 女性語の起源は室町時代の宮廷の女房詞にあるという主張が通説である/~と言われている。

> 女房は昔、
→(日本語としてはおかしくありませんが、学術的な論文で「昔」という漠然とした言葉は不自然です。何時代、とか、いつごろかを明確にしたほうがよいのでは?)

> 女房詞とは昔、
→(この「昔」も同じです。)

> 宮廷の食品、工具、日用品などの呼び名を柔らかな言い回しで呼んでいた。
→(「呼び名を~呼んでいた」はおかしいです。)
 ~などの名を柔らかな言い回しで/表現で呼んでいた。

> 江戸時代に至って、
→江戸時代に入って/江戸時代になると

> その時の女房詞の特徴は二つに分かれる。
→江戸時代の女房詞の特徴は二つある/二つ挙げられる。

> 江戸時代以後、女性が集まる職業の中で多くの女性語が生まれる。
→日本語としては良いのですが、内容が異なるものとなっているので、段落を変えたほうが良いと思います。

> 職業によって女中言葉と郭言葉と二種類がある。
→職業によって女中言葉と郭言葉との二種類に分けられる/分類できる。


> 今の女性が多く使う…
→現代の女性が多く使う…
(「今」というのは口語的です)

> 「ます」という言葉は郭言葉からの移り変わりである。
→…郭言葉から来たものである/もともとは郭言葉であった。
(「移り変わりである」という表現はあまり使いません)

> 女性語は室町時代、江戸時代にわたって生まれた言葉である。
→女性語は室町時代、江戸時代にかけて生まれた言葉である。

> 江戸時代までに「女重宝記」の記載により、女性語の数量は144の言葉がある。
→(少し意味が図りかねるのですが…)
江戸時代までに「女重宝記」に記載された女性語は144語にのぼる/「女重宝記」には144語の女性語が記載されている。
(個人的には後ろの言い回しのほうが自然だと思います)


あくまで、私個人の直感で直させていただきました。
一部、好みや感覚の問題になるものもあると思いますので、参考までに。

投稿日時 - 2005-02-17 02:45:44

お礼

早いご回答ほんとうにありがとうございました。
たいへんたいへん役に立ちましたよ。助かりました。感謝の気持ちは言葉で表すことができません。

投稿日時 - 2005-02-17 03:26:30

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(0)

あなたにおすすめの質問

[PR] お役立ち情報